白髪染めをすると、「髪の毛が傷んでパサパサになったり、枝毛や切れ毛が増えて嫌!」と悩まされていないでしょうか?

白髪染めは、美容院でしようと市販の白髪染めを使おうと、どちらもかなり髪の毛にダメージがあります。

1ヶ月おきに白髪染めをしていくと、どんどん髪が痛むだけでなく白髪の増加や、薄毛の原因にも繋がります。

なぜ、白髪染めをすると髪が痛むのでしょうか?

白髪染めをすると髪が傷む原因と、今後傷まずに白髪を染める方法について詳しく解説します。

結論を先に言うと…
オススメの白髪染め方法は、「ヘアカラートリートメント」を使い白髪を染めることです。
ヘアカラートリートメントと髪を傷めずに染めることができます。
自宅で簡単にしかも美容院よりもとっても安く染めることができるので、賢い女性の多くが愛用しております。
オススメのヘアカラートリートメントは利尻ヘアカラートリートメントです。
たった今キャンペーン中で特別価格で購入できますので、ぜひ商品の詳細ページをご覧になってみてくださいね。

白髪染めの髪への傷み・ダメージは大きい!痛みの原因と理由

髪の毛の痛み

美容院で白髪染めしようと、ドラッグストアや薬局で購入した市販の白髪染めを使おうと、髪の毛は本当に痛みます。

私も一度市販の白髪染めを使ったことがありますが、1回で髪の毛がパサパサになり毛先もかなり痛みました。

では、なぜ白髪染めをすると髪の毛が傷むのでしょうか?その理由について詳しく解説していきたいと思います。

市販の白髪染めに配合されている成分が強く髪のキューティクルを破壊

まず、白髪染めで髪が傷む原因として「配合されている成分が強い」ということが挙げられます。

白髪染めには元の色を抜くブリーチ剤(脱色剤)と、新しい色を入れるための染毛剤が配合されています。

白髪染めの場合、ブリーチをする必要がほとんどないのでブリーチ剤は少なく染毛剤が多くなっています。

白髪染めはブリーチ剤が少ないなら髪を傷めにくいのでは?」と思われたかもしれませんが、髪が傷む最大の原因はブリーチ剤だけではなく、キューティクルをこじ開けることです。

白髪染めは髪に染料を入れるために、髪を保護しているキューティクルを一度開いてしまいます。

この時点で、髪は大ダメージを受けているのです。

その上、開いたところに染料を入れていくのですから、髪のダメージは計り知れません。

白髪染めの成分「ジアミン」によるアレルギーで頭皮にヒリヒリした痛みがでる

白髪染めで最も怖いのがアレルギー反応です。

髪を染める染料には「ジアミン」というアレルギー成分が配合されています。

特に、白髪染めのように染める力が強い商品は、ジアミンの配合率が高いため頻繁に使っているとアレルギー反応を起こす可能性があります。

元々アレルギーに弱い体質の人は、重度のアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こす可能性もあるため、頻繁な使用は注意が必要です。

アレルギーによるかぶれ

頭皮のかゆみやかぶれ程度ならまだマシですが、頭皮以外にも胸や首のあたりまで湿疹が出るなどの症状が出た場合は重度のアレルギー反応を起こす可能性があります。

おしゃれ染めヘアカラーなら髪の痛み・ダメージは少ないの?

「白髪染めは髪へのダメージが大きなら、おしゃれ染めならそんなに傷まなかったりしないの?」と思う人もいるかと思います。

結論からいいますと、白髪染めもおしゃれ染めも髪に与えるダメージは変わりません。

なぜなら、白髪染めとおしゃれ染めの薬剤は、配合量が異なるだけでカラーリングの仕組みは同じなんです。

どちらも元の色を抜くためのブリーチ剤と、新たな色をつけるための染毛剤が配合されいるで、髪へのダメージ が変わらないのです。

白髪染めで一度傷んだ髪を戻して治す方法はあるの?

すでに白髪染めで髪が傷んでしまっている人もいると思いますが、白髪染めで傷んだ髪の毛は元に戻るのでしょうか。

もし、戻るのであればその方法をお伝えしたいと思います。

一度傷んだ髪は元に戻すことはできない!トリートメントしても効果なし

痛んだ髪が戻るのであれば、その方法をお伝えしたかったのですが、残念ながら一度傷んでしまった髪の毛は、完全に元の状態に戻すことはできないのです。

髪は死滅細胞と言って、一度傷んで細胞が死んでしまうと復活することはないのです。

ですので、白髪染めでキューティクルがボロボロになってしまうと、自力で髪を修復する力はありません

髪が傷んだらトリートメントと考える人も多いかと思いますが、すでに傷んでしまった髪には効果がないのです。

ですが、トリートメントで髪を保護することはできますので、髪が傷んでいるのにトリートメントをするとサラサラになるのはそのためです。

でも大丈夫!白髪染めによる傷みを軽減・ケアする方法を解説

白髪染めにより傷んでしまった髪を元の状態に戻すことはできませんが、髪の傷みを軽減することはできます。

また、髪が傷んでいるということは、頭皮トラブルが起こっている可能性もあるので、頭皮トラブルが改善すれば次に生えてくる髪を健康な状態にすることは可能です。

では、髪の傷みを軽減し、次に生えてくる髪を健康な状態にするにはどうすればいいのでしょうか。

白髪染めをする期間を少しでも長くして頻度を減らすと傷みにくい

まず、白髪染め自体が髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、白髪染めをする期間を少しでも長くします。

白髪が多い人は白髪染めをしてから、2~3週間ほどで白髪が気になり始めると思いますが、1か月はあけて白髪染めをするようにしましょう。

できれば2か月空けられる方が髪のダメージは最小限で済みます。

その理由は頭皮のターンオーバーにあります。

皮膚は古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。

ターンオーバーをすることで元気で強い皮膚に生まれ変わりますので、できればターンオーバーをしている期間中は白髪染めをしない方がダメージも軽減されます。

一般的に言われているターンオーバーの期間は28日間ですので、最低1か月は白髪染めをしない方がよいでしょう。

白髪全体を染めずに目立つ生え際だけを染めるリタッチを活用する

白髪染めをする場合、髪全体や白髪全体を染めてしまう人がほとんどですが、全体染めを繰り返していると、白髪以外の頭皮や髪もダメージを受けています。

そのため、元々傷んでいる髪の他にもダメージを受けた髪が出てきますので白髪が増える原因になるのです。

髪のダメージを最小限にするには間隔をあけることですが、どうしても生え際や根元などは目立ってしまうので白髪染めの期間が早くなってしまいます。

そんな時はリタッチをうまく活用しましょう。

リタッチなら、生えてきた白髪の根元部分だけを染めるので白髪全体を染めなくてすみます。

また、白髪が少ない部分は次の機会にするなど、全体染めの期間を調節すれば、髪へのダメージを軽減できます。

リタッチをうまく活用すれば全体染めを6カ月に1回にするなど、かなりの期間を空けることができるので、うまく活用してみましょう。

白髪を染めた後は頭皮や髪に優しいアミノ酸系シャンプーに切り替える

白髪染めをしたあとに洗浄力の強い市販のシャンプーを使うと、せっかく染めた染料も洗い流してしまいまうのです。

白髪を染めた後は、髪のためにも色落ちを防ぐためにも、洗浄力が弱く優しい成分でできているアミノ酸系シャンプーに切り替えましょう。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力が弱いので髪を傷めることはありませんし、染料が流れ出るのも最小限で済みます。

おすすめのアミノ酸系シャンプーは今女性の間で大人気な「HARU 黒髪スカルプ・プロ」です。

haruシャンプー

HARU 黒髪スカルプ・プロは、白髪予防だけでなく抜け毛や薄毛など女性の髪の悩みに効果的なシャンプーなんです。

私も自宅で白髪染めするようになってからは、ずっとHARU 黒髪スカルプ・プロを愛用しています。

白髪染めをキープして長持ちさせるには、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

市販の白髪染めを使わず美容院で染めて髪へのダメージを軽減

白髪染めをする場合、市販のものを使って自分で染めるより、美容院で染める方が髪のダメージは軽減されます。

白髪染めに配合されている成分は似ていますが、市販の白髪染めよりは弱くなっていますし、美容師はお客様の髪の状態を見て薬剤の配合率を変えています。

髪が傷んでいるようであれば、多少染まりにくくても強い薬剤を少な目にするなど調節が可能です。

色が染まりにくくても、そこはプロですから、根元の部分だけ色を暗めにして染まりやすくするなど、染める部分でも薬剤を変えています。

ただし[marker]市販であろうと美容院であろうと白髪染めをするとどうしても髪の毛が傷んでしまいます[/marker]。

髪を傷めずに白髪染めをする方法はヘアカラートリートメントで染めること

痛んだ髪は元には戻りませんが、髪の傷みを軽減させて次に生えてくる髪を元気にすることはできます。

ですが、どの方法も結局は白髪染めを使うため、どうしても髪の傷みは大きくなってしまいます。

ですが、白髪染めをしながら髪を補修することができるアイテムがあるのです。

それが「ヘアカラートリートメント」です。

では、なぜヘアカラートリートメントは白髪染めなのに髪を傷めることがないのでしょうか。

また、いくら髪に良いアイテムでも、面倒な染め方なら使い続けることができませんので、使い方なども解説していきましょう。

ヘアカラートリートメントが髪を傷めない2つの理由

ヘアカラートリートメントは「白髪染めをしながら髪を補修する」ことができる画期的なアイテムです。

これまで白髪染めで散々髪の傷みが気になっていた人も、ヘアカラートリートメントがどのような商品なのかがわかれば悩みが全て解決されます。

では、ヘアカラートリートメントが髪を傷めずに白髪を染められる理由を解説していきましょう。

白髪染めとは染料が違うためキューティクルをこじ開けない

市販の白髪染めや美容院の白髪染め、ヘアマニキュア、オシャレ染めなどは、これまでにお話ししてきたように髪を保護しているキューティクルを一度開いて髪に色をつけていきます。

白髪染めのメカニズムを簡単にお話しすると、白髪染めに含まれているアルカリ剤でキューティクルを開きます。

次に酸化剤でメラニン色素を破壊して脱色し、染料に含まれている成分で化学反応を起こして髪に色を付けているのです。

キューティクルを開く段階で髪へ大ダメージを与えている上に、髪の毛の中で化学反応を起こして着色するため、髪にどれだけのダメージがあるのかご理解いただけると思います。

ですが、ヘアカラートリートメントの染料は「キューティクルを開かず」「化学反応も起こさず」白髪を染めることができるのです。

ヘアカラートリートメントは塩基性染料とHC染料という2種類の染料でできています。

塩基性染料で髪のキューティクルの上から染色していき、分子の小さいHC染料がキューティクルを開かず髪の内部に浸透して内側から染色していきます。

ですので、キューティクルを開かず化学反応を起こさないヘアカラートリートメントは髪へのダメージを最小限にして白髪を染めることができるのです。

天然無添加の成分で作られているため髪を傷めず修復してくれる

さらにヘアカラートリートメントのすごいところは、白髪染めをしながら傷んだ髪を補修してくるという点です。

天然成分100%でできているものがほとんどで、髪の傷みを修復する成分や美容成分が豊富に配合されています。

そのため、白髪染めをしているのに髪が健康になり元気な状態になっていくので、髪のダメージを考えるならヘアカラートリートメントが最適です。

艶やコシのあるキレイな髪にしながら白髪を染めてくれる上、自分で簡単に染められるので、ヘアカラートリートメントは白髪染めの救世主とも言えるでしょう。

私が自信を持ってオススメするヘアカラートリートメントはコチラ

何十種類とヘアカラートリートメントがたくさんあるけど、どの商品が安全でよく染まるの?」と思う人もいるでしょう。

これまで10個以上のヘアカラートリートメントを実際に使ってきた私が、自信を持ってオススメできるヘアカラートリートメントは、「利尻ヘアカラートリートメント」です。

利尻ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントを選ぶときに失敗して損したくない!」方は、まずは利尻ヘアカラートリートメントを使ってみていただきたいと思います。

無添加・ノンシリコンで髪の毛にも優しく、でもしっかりと白髪染め効果もあります。

もう愛用して2年になりますが、一切痒みや、頭皮のかぶれ、ジアミンアレルギーがでたこともありません。

もしあなたが、

  • もう白髪染めのせいでボサボサな髪の毛になり、老けて見られたくない
  • 毎月1万円弱もする白髪染めをやめて賢く、効率よく白髪を染めたい

と思うのであれば、ぜひ一度利尻ヘアカラートリートメントを使ってみていただきたいと思います。

\期間限定セール中/

白髪染めはとにかく傷む!ヘアカラートリートメントに切り替えて!

白髪染めを始めると辞めることはなかなかできません。

どうしても生え際などが目立ってしまうため白髪染めを繰り返すことになります。

ですが、白髪染めは髪や頭皮に大ダメージを与えるだけではなく、体にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

これからも白髪を染めていくのであれば、髪や頭皮に優しく、白髪染めをしながら髪の傷みを改善してくれるヘアカラートリートメントに切り替えましょう。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ぜひ、他の気になる記事もご覧になってみてくださいね。

【今月の最新情報】お得キャンペーンが実施中!売り切れ前に購入

バナーgif

おすすめの記事