いざ、利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めしようと思ったものの、

「初めて自宅で染めるから、染め方が分からない…乾いた髪で染めるであってる?」

「まずは髪の汚れを落としてから濡れた髪に染めるの?」

と疑問に思いますよね。

初めてだと、染めるのを失敗しないか、不安になりますよね。

今回は、濡れた髪と乾いた髪をそれぞれ使い分ける方法と、2つの失敗しない正しい染め方について詳しく解説します。

ぜひ、今から説明する通りに白髪染めをしてみてくださいね。

この記事の内容

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪で染める?それとも乾いた髪?

利尻ヘアカラートリートメントは、濡れた髪と乾いた髪、両方に利用することができます。

説明書には濡れた髪に使う方法が書かれていますが、乾いた髪にも使用できるため、どちらがどう違うのかわからない人もいるでしょう。

では、利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪と乾いた髪のどちらに使うと染まりやすいのか、またシーン別でどう使い分ければよいのかご説明していきましょう。

乾いた髪の方がしっかりと染まる!最初の3回は乾いた髪で

しっかりと白髪が染まるのは、”乾いた髪”に利尻ヘアカラーを塗る時です。

最初は白髪だいぶ目立っていると思いますので、初めて利尻ヘアカラートリートメントを使い白髪染めをする人は、まず初回、2回目、3回目は乾いた髪で白髪染めしましょう。

3日間乾いた髪にしっかり染めれば、4回目以降は濡れた髪でも問題なく染まり、色の維持もできます。

濡れた髪で染めると水分で染料が薄まってしまうためしっかり染まらない

どうして乾いた髪の方が白髪がキレイに染まるの?」と疑問に思いますよね。

利尻ヘアカラートリートメントの染料が濡れた髪の水分によって薄まってしまうため、色がしっかり入らず染まりにくくなってしまうのです。

また、染料が薄まるだけではなく、髪が濡れていると染料が流れ落ちてしまうのも色が定着しにくい原因となっています。

ただし濡れた髪の方が染料を塗りやすいというメリットがある

濡れた髪

乾いた髪の方が白髪がしっかりと染まるというメリットがありますが、濡れた髪で染めることによるメリットもあります。

濡れた髪を染める方が、乾いた髪を染めるよりも染料を塗りやすいというメリットがあります。

なぜなら、髪が程よく水分を含んでいることで白髪染めの染料の滑りが良くなり、染料が伸びるようになるからです。

しかも乾いた髪に塗るよりも少ない量で髪全体に染料が行き届くので、白髪染め使用量の節約もできます。

ただ、乾いた髪よりも白髪が染まりにくいというデメリットはあります。

3回目以降は自由!シーンに合わせて乾いた髪と濡れた髪の使い分が大切

乾いた髪と、濡れた髪を染めるのもそれぞれメリットとデメリットがあります。

どのように染め分けすればいいの?」と思うので、こうやって染め分けすれば良いよ!という方法を教えたいと思います。

まず、購入後最初の3回は、白髪をしっかりと染めるために”乾いた髪”で染めましょう。

3回目以降は、シーンによって濡れた髪に使った方が良い時と乾いた髪に使った方が良い時があります。

そこで、シーン別に濡れた髪と乾いた髪の、どちら使えばよいのか分かりやすく表にしてみました。

濡れた髪乾いた髪
①初めて使う人~3回目までの人  〇
②既に使用していて4回目以降の人  〇  〇
③時間をかけずに手早く染めたい人  〇
④しっかり白髪を染めたい人  〇
⑤部分的に染めたい(濡れた髪は液垂れしいやすいのでNG)  〇
⑥白髪をムラなくキレイに染めたい  〇  〇
⑦全体的にキレイに染めたい  〇  〇
⑧小さなお子様やペットに触れさせたくない方  〇
⑨液垂れによる衣服や家具の汚れを阻止したい方  〇
⑩放置時間の時に家事をしたり自由にしたい方  〇
⑪お風呂に長時間入ることができない方  〇
⑫お風呂が好きで半身浴ついでに染めたい方  〇
⑬染める時に他の人に手伝ってほしい方  

濡れた髪と乾いた髪の両方に「〇」がついている場合、どちらでもOKという意味です。

⑧~⑬は、基本的にお風呂の中で染める時は「濡れた髪」、お風呂以外で染める時は「乾いた髪」に使用することを前提として区別しています。

ですので、⑧や⑨のように小さなお子様やペットに触られる危険がある方は、お風呂で染めた方が安全なので「濡れた髪」となっています。

また、⑩の液垂れはお風呂の中でなら衣服や家具に付くことはありませんし、もしお風呂の中で液垂れしてもすぐに洗い流すことができます。

自分の使うシーンによって、濡れた髪で染めるか乾いた髪で染めるか使い分けて染めると良いでしょう。

\1,000円オフのキャンペーン中/

利尻ヘアカラートリートメントで乾いた髪をキレイに染める手順

では、利尻ヘアカラートリートメントを濡れた髪か乾いた髪、どちらの髪に使えばよいのかわかりましたので、ここからは正しい使い方について解説していきます。

まずは、乾いた髪に使う時の方法を解説していきますので、しっかり把握して塗りムラや染まりが悪くならないようにしましょう。

整髪料やスタイリング剤がついている時は髪の汚れを落としてから

乾いた髪に使用する時に大切なのが「髪の汚れを落とす」ということです。

スタイリング剤や整髪料で髪が汚れていると染料が入りにくく、しっかりと染まらなかったりムラができる原因になります。

ですので、スタイリング剤や整髪料を使っている場合は、シャンプーでキレイに洗い流し、しっかりとドライヤーで乾かしてから使用しましょう。

一番良いのは、ドライヤーで乾かしてから1時間ほどたってから使用することです。

ドライヤーで乾かした後でも、まだ乾ききっていないところがある可能性がありますので、しっかりと髪が乾いた状態で使用するようにしましょう。

濡れた手でヘアカラートリートメントを生え際からたっぷり塗る

白髪染めはけ

利尻ヘアらかートリートメントはもったりとしたクリームタイプですので、そのまま髪につけると滑りが悪く塗りムラができる原因になってしまいます。

必ず乾いた髪に使用する時は、手を濡らしてからたっぷりと手に取り、染まりにくい生え際から塗るようにしましょう。

染まりにくい部分から塗ることで塗りムラがなくキレイに染まります。

順番としては、
①生え際
②こめかみ
③後頭部
④髪全体
と塗っていきます。

また、白髪が目立つ部分から塗るのも良いでしょう。

乾いた髪は塗りにくいので髪をブロックに分けて丁寧に塗る

濡れた髪とは違い乾いた髪の場合、クリームを乗せた場所に大量に残ってしまうことがあります。

もちろん、コームでとかしながら染めていきますが、それでも頭皮に近い場所や後頭部など濡れていない箇所が出てきます。

ですので、乾いた髪の場合は髪を6つくらいのブロックに分けて塗ると、塗りムラがなくキレイに染めることができます。

もちろん、一つずつのブロックも分け目を変えながら丁寧に塗っていきましょう。

特に髪が多い人や長い人は塗りにくいので、ブロック分けることでとても塗りやすくなります。

ここでワンポイントアドバイスです。

初めて使う人は全体的にキレイに濡れたら、ヘアキャップやラップをすると頭皮の温度が上がり染料が入りやすくなるので、しっかりと染めることができます。

30~60分放置して染料を浸透させる

濡れた髪の場合は15~20分ほどの放置時間で良いのですが、乾いた髪を染める場合は、30分~60分は放置してしっかりと染料を髪に浸透させます。

初めて利尻ヘアカラートリートメントを使う人は60分放置するとよいでしょう。

 60分以上は放置しないこと

中には、白髪をしっかりと染めるために2時間も、3時間も置く人も口コミを見るといましたが、絶対にやめましょう。

利尻ヘアカラートリートメントは、すべて天然成分で、無添加であるため副作用もなく安全です。

ですが、全く刺激がないとは言い切れませんし、商品と肌との相性は個人差があります。

なので、必ず利用方法は守るようにしましょう。

もし、染まりが不安だという人は、キャップやラッピングをした上からドライヤーで1分程度暖めると、さらに色が定着しやすくなります。

水に色がでなくなるまですすがないと色移りの原因になる

すすぐ際は、色水が出なくなるまでしっかりと髪や頭皮をすすぎましょう。

すすぎを止める目安は、完全に水が透明になり茶色や黒色がなくなる状態になった時です。

普段のシャンプーの時と同じくらいのすすぎだと、拭いた時や枕、服などに色移りする可能性があります。

なので、もう十分すぎるかな、と思うくらいすすぐようにしましょう。

ドライタオルで水気を拭き取ってドライヤーで乾かす

シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かします。

濡れたままで放置していると髪を保護しているキューティクルを傷めてしまうため、色落ちの原因になります。

また、髪だけではなく頭皮も濡れたまま放置していると雑菌が繁殖してトラブルを起こしやすくなるため、白髪が増える原因にもなります。

ですので髪を洗ったあとは、しっかりドライヤーで乾かしましょう。

動画で振り返る乾いた髪をキレイに染める方法

今解説してきた、乾いた髪の白髪染め方法が利尻ヘアカラートリートメントの会社より解説動画が出ております。

ぜひ、この動画をみながら白髪をそめてみてくださいね。

商品が届いてからすぐにみれるように、このページをブックマークしておくと良いでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントで濡れた髪をキレイに染める手順

濡れた髪

乾いた髪に使う方法が分かりましたので、次は濡れた髪に使う時の正しい方法です。

利尻ヘアカラーシャンプーを購入すると、濡れた髪に使う方法は書かれていますが、乾いた髪の時と比較するためにも説明しておきます。

方法や放置時間などかなり違いますので、しっかり把握しておきましょう。

シャンプーで髪と頭皮の汚れをしっかり落として水分を拭き取る

濡れた髪に使用する場合は、髪が濡れているというだけで、かなりの時間短縮ができます。

まず、お風呂場でシャンプーをして髪や頭皮についた汚れをキレイに洗い流します。

汚れがキレイに落ちたら、タオルドライで余分な水分は拭き取ります。

この時にしっかりタオルドライをして水分を取らなければ、染料が流れてしまったり薄まってしまい塗りムラができてしまいます。

ヘアカラートリートメントを髪全体にたっぷり塗る

タオルドライを丁寧にしたら、濡れた手に利尻ヘアカラートリートメントをたっぷりと出して、髪全体に塗っていきます。

塗る時の順番は乾いた髪と同じで、
①生え際
②こめかみ
③後頭部
④髪全体
と塗っていきます。

髪が濡れていますので、ある程度髪に分け目を作って塗っていき、手で均等に塗るようにしていけば水分によってクリームの滑りが良くなっていますのでキレイに染まります。

生え際やこめかみはコームを使ってしっかり色を入れる

濡れている髪の場合、素手でもキレイに染まりますが、生え際やこめかみなど染まりにくいところはコームでとかしていくとしっかり色が入りキレイに仕上がります。

髪の分け目を変える時にもコームがあるとラクなので、特に髪の多い人や長い人はコームを使うようにしましょう。

全体的に塗り終わったら染料を髪に馴染ませるために素手で髪を揉み込んでいきましょう。

15~20分放置してしっかりすすぐ

乾いた髪とは違い、濡れた髪の放置時間は15~20分と短めです。

公式サイトや商品の説明書には放置時間は約10分と書かれています。

ですが、私の経験上10分では思うような色に染まらず、満足のいく仕上がりにするためにも15~20分が良いと感じました。

もちろん、60分以内なら放置すればするだけ染まりも良くなりますが、お風呂場で染めているので「のぼせ」も心配です。

ですので、放置時間は無理のない15~20分くらいが良いでしょう。

放置時間が過ぎたら色水が出なくなるまでしっかりすすぎます。

すすぎのあとにトリートメントをする必要はないのかと思われるかもしれませんが、利尻ヘアカラートリートメントは「トリートメント効果」のある白髪染めです。

乾いた髪に使用する場合は、染料をしっかり落とすためにシャンプーをしますが、濡れている髪の場合はその必要もありません。

ドライヤーで髪の毛をしっかりと乾かす

タオルドライで水気を取った後はしてドライヤーでしっかり乾かしましょう。

半乾きの場合ですと、染料が落ちてムラができたり、服や枕に色が移る可能性があります。

なので、根元から毛先までしっかりと乾かしましょう。

動画で振り返る乾いた髪をキレイに染める方法

こちらの動画は、乾いた髪をキレイ染める方法になります。

乾いた髪を染める時は、ぜひこちらのページを参考にして染めてみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメントの色が長持ちするように染める裏ワザ

髪の毛クリーム

利尻ヘアカラートリートメントの色持ちを長くさせる裏ワザについて解説したいと思います。

私も3年ほど利尻ヘアカラートリートメントを愛用してきましたが、以下の3つに気をつけるだけでもだいぶ色持ちが変わってきます。

なので、ぜひあなたも利尻ヘアカラートリートメントで染める時には、試してみていただきたいと思います。

髪質によって置く時間が変わる!髪が太くで硬い人は気持ち長めに

利尻ヘアカラーに限らず、どの白髪染めでも髪質によって染まり具合が変わります。

あなたはどのような髪質でしょうか?

どうしても髪が太く、硬い人ですと染料が髪に入りくくなります。

逆に、髪1本1本が細くて、柔らかい人ですと、白髪が染まりやすいです。

なので、もしあなたが髪が太い、もしくは硬い場合は染める時間を気持ち長めにすると良いでしょう。

白髪染めは温度が大切!室内温度をあげる&染めた後はドライヤー

白髪をキレイに染め上げるのに、重要なのは「温度」です。

部屋の温度が低すぎると、白髪が染まりにくく、逆に高すぎると、染料が髪に必要以上に浸透してしまいます。

なので、一番白髪を染めるのに部屋の適温は、20度~30度です。

冬の時期は特に染まりにくいので、暖房を入れて部屋を温めましょう。

ドライヤーで温めるのも良い手段ですが、近づけすぎると髪が必要以上に染まるので、なるべく離してドライヤーの頭を振りながら当てましょう。

日々のシャンプーは髪に優しいノンシリコンシャンプーを使う

実は、市販のシャンプーを使うと白髪染めがすぐに落ちてしまうことはご存知でしょうか?

シャンプーによっては白髪染めの効果をより早く無くしてしまうというもののあれば、シャンプーのおかげで白髪染めの色落ちが予防できるというものまで千差万別です。

ドラッグストアや薬局で売られている市販で売られている安価なシャンプーには、以下の2つの成分がほとんど配合されています。

石油系界面活性剤(ラウリル硫酸Na)
=>強すぎる洗浄力で頭皮と髪の細胞に大ダメージを与える
シリコン
=>白髪染めのカラー染料が着色しにくくなったり毛穴を詰まらせる原因

これらの成分は、頭皮環境を悪化させるだけでなく髪のキューティクルを破壊してしまう成分なのです。

そのため、市販のシリコン入りシャンプーを使うと、すぐに白髪染が落ちてしまうのです。

 白髪染めが落ちにくいシャンプーの条件

×石油系 => ○アミノ酸系(弱酸性)
×シリコン=> ○ノンシリコン

つまり、もっとも白髪染めが落ちにくいシャンプーとは、「弱酸性ノンシリコンシャンプーと言うことになります。

今一番人気な弱酸性ノンシリコンシャンプーは「haru黒髪スカルプ・プロ」

今、女性の間で特に口コミで広がっており、人気を集めている「haru黒髪スカルプ・プロ」です。

haruシャンプー

haruシャンプーは、ただのノンシリコンシャンプーなだけでなく、「抜け毛」「薄毛」「白髪」「頭皮のギトギト」などの予防・改善できる万能シャンプーなんです。

私も二人の子供を産んでからは、ホルモンバランスがくずれて白髪が生えるだけでなく、抜け毛もびっくりするほど増えました。

なので、抜け毛対策と、白髪染めの長持ち、白髪ができないように予防できるharu黒髪スカルプ・プロは本当に手放せなくなりました。

女性の悩みをこれ一本で予防・改善できる万能シャンプーをぜひ白髪染めと一緒に使ってみてくださいね。

\今すぐ試してみる/

※haru黒髪スカルプ・プロは30日間の全額保証付だから実質タダで試せます。

※今だけ期間限定でヘッドブラシ付き

利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪も濡れた髪もよく染まる

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪でも乾いた髪でもとても良く染まります。

濡れた髪に使用した方が良い時と、乾いた髪に使用した方が良い時がありますが、どちらにしてもヘアカラートリートメントの中では染まりが良い商品です。

時間短縮したい時は濡れた髪、1回でしっかり染めたい時は乾いた髪など、日々のシーンで使い分けることができるのも染まりが良いからできることです。

「最初の3回は乾いた髪」ということだけ気を付けておけば、あとは自分の使いやすいように使い分けていきましょう。

ぜひ利尻ヘアカラートリートメントで、白髪のない美髪を手に入れていただきたいと思います。

今、利尻ヘアカラートリートメントが1,000円オフの特別価格で購入できるので、ぜひこのキャンペーンをご利用して使ってみてくださいね。

\キャンペーンサイトを見てみる/

利尻ヘアカラー関連記事

・現役美容師か辛口レビューした記事はこちら

>【美容師が解説】利尻ヘアカラートリートメントの効果と使い方のコツ

・利尻ヘアカラートリートメントにある4種類から自分にあった色を選ぶ方法について

>利尻ヘアカラートリートメントの失敗しない色選び方!似合う髪色は?

・利尻ヘアカラートリートメントの安全性について知りたい方

>利尻ヘアカラートリートメントの成分の安全性!かぶれやかゆみはない

おすすめの記事