「髪は女の命」と言いますが、女性は髪がうまくまとまったり、うまくセットできた時はとても気分よくその日1日過ごすことができます。

ですが、「つい先日染めた白髪がまた伸びて目立っている!」となれば気分は急降下です。

髪は一生伸び続けるので、白髪の成長を止めることはできません。

せっかくオシャレをしても白髪一つで気分が台無しです。

「また染めなければ…」と毎回ため息をつくこともあるでしょう。

ですが、白髪が出てくるたびに白髪染めで染めていると、髪や頭皮は傷み続けどんどん白髪が増えていきます。

では、白髪染めの間隔はどれくらい空ければよいのでしょうか。

また、髪や頭皮を傷めず白髪を染める方法はないのでしょうか。

そこで、白髪染めのリタッチに的を絞って皆さんが不安に思っていることを解決していきましょう。

この記事の内容

リタッチとは?白髪染めと何が違うの?

そもそも、白髪染めのリタッチとは一体何のことなのでしょうか。

白髪染めとは、毛髪をすべて染めることをいいます。

髪は伸び続けるので、当然白髪染めした髪の毛が成長すると白髪が伸びてきます。

染めても結局根元の部分の白髪が伸びてくるので、染めた部分と白髪の境目がとにかく目立ちますよね。

そこで、伸びてきた根元の部分の白髪を染めることになりますが、これをリタッチと言います。

毎回白髪を全体染めするのは良くない!白髪や抜け毛の原因にもなる

白髪が伸びてきて根元部分の白髪が目立つようになると、リタッチをすることになりますが、毎回白髪が生えてきたからと、白髪全体を染めるのは良くありません。

では、なぜ毎回白髪全体を染めると良くないのでしょうか。

頭皮や髪に与えるダメージは大きい!部分染めと全体染めを交互に

白髪染めに使われている染料はとても強い薬剤を使用しています。

白髪染めは髪を保護しているキューティクルを一度開き、強い染料を入れて白髪を染めているのです。

ですので、簡単に白髪は染まりますが、その分一度剥がされたキューティクルは傷み、髪が傷む原因となってしまいます。

次の機会になると染めなかった白髪も目立つようになるので、白髪全体を染めます。

このように、白髪を染める時は極力頭皮や髪にダメージを与えないように、部分染めと全体染めを交互にするようにしましょう。

染める期間が短すぎるとアレルギーを起こす可能性がある

白髪染めには「ジアミン」という成分が配合されているのですが、ジアミンはアレルギー物質でもあります。

ジアミンは、かぶれや湿疹の原因になり、アレルギー反応を引き起こしてしまうのです。

白髪を染めた時に、頭がかゆくなったりピリピリした感覚はありませんでしたか?

これはジアミンによるもので、ピリピリ程度で治まっていればよいのすが、頻繁に白髪染めをしているとアレルギー反応は強くなり、かぶれや湿疹を引き起こしてしまいます。

ジアミンが体質的に受け付けないという人もいますので、白髪染めをするときは必ずパッチテストを行ってからにしましょう。

これまで異常がなかったという人も、加齢によりアレルギーに弱くなっている可能性がありますので、白髪染めをする時は必ずパッチテストを行ってください。

白髪染めをリタッチする期間はどれくらいがベスト?白髪の量で期間は変わる

では、頻繁に白髪染めをしてはいけないのであれば、どれくらいの期間を空けて染め直しするのがよいのでしょうか。

リタッチの間隔は白髪の多さによって変わります。

  • 白髪が髪全体の10~30%の場合は、1か月半~2か月
  • 白髪が髪全体の30~50%の場合は、1か月
  • 白髪が髪全体の50~100%の場合は、2~3週間

となります。

どうしても白髪が多いと、白髪が伸びてきた時にかなり老けて見えてしまいますので、髪を染める頻度は高くなります。

白髪が少ない人でも最長で2カ月くらいで染めなければ目立ってきてしまいます。

白髪が生えている量によって頻度が違いますので、自分の白髪の量と照らし合わせて白髪を染める間隔を覚えておきましょう。

白髪染めのリタッチは2か月以内の頻度が良い!その理由とは?

白髪が少ない人でも2カ月に1度はリタッチした方がよいということでしたが、なぜ2か月以内がよいのでしょうか。

それは、2か月という期間が白髪を染めるのに適した期間と重なることが多いからです。

では、白髪の量が少なくても2カ月以内の染めた方がよい理由を解説していきましょう。

頭皮のターンオーバーの周期を考えると染め直しの頻度は2か月までがベスト

2か月以内というのは、頭皮のターンオーバーの周期とも重なっています。

ターンオーバーというのは、皮膚の生まれ変わりの時期のことですが、頭皮も皮膚ですので、もちろんターンオーバーがあります。

正常なターンオーバーは28日周期です。

ただし、個人差や加齢によりターンオーバーの期間は人それぞれ違います。

28日周期というのは20代など若い世代のことで、30歳を超えてくるとターンオーバーの周期は長い人で45日にまで伸びています。

ターンオーバーの期間中は一番下にある健康な皮膚細胞がどんどん上に上がってくる時期で、表皮にある古い角質は剥がれていきます。

角質層が剥がれていくわけですから、ターンオーバー中は少しのダメージでも皮膚は大打撃を受けてしまいます。

ですので、ターンオーバーの間は白髪染めをしない方がよいのです。

白髪染めをするなら、前回の白髪染めから最低28日間は開けるようにし、年齢が30歳を超えているのであれば45日間は期間を空けた方がよいでしょう。

つまり、約1カ月半(45日間)の期間を空ければ頭皮や髪へのダメージは少なくなりますので、前回の白髪染めから1か月半~2か月の間に白髪染めをするのがベストなタイミングと言えます。

カットの時期と白髪染めの時期がちょうどよい

髪は2カ月で約2~3㎝伸びていますので、前回カットしてもらったヘアスタイルが崩れてくる時期でもあります。

かなり短いショーっとスタイルの人は2か月以内に崩れてきてしまいますが、ほとんどの女性は約2か月がカットの目安となります。

せっかく白髪を染めてキレイにしても、ヘアスタイルが乱れていては意味がありません。

ですのでカットと白髪染めを同時期に行うことで、自分が納得のいくヘアスタイルを維持することができます。

白髪染めのリタッチは自分で染めるのと美容院で染めるのは何が違う?

では、白髪染めのリタッチの期間が分かりましたので、次は実際に染めることになります。

ここで、「リタッチは自分で自宅で染める」という人と「美容院で染める」という人に分かれてきます。

簡単に言えば「素人」が染めるのか「プロ」が染めるのかという違いになりますが、これが簡単には済みません。

では、自分でリタッチをするのと美容師がするのとでは、どんな違いが出てくるのでしょうか。

市販の薬剤はおすすめできない!美容院の薬剤とは成分が違う

自分で染める時と、美容院で染める時の違いと言えば「薬剤」の違いがあります。

市販の薬剤は、「誰でも染めることができるように」とても強い薬剤が使われています。

そのため、素人が白髪染めをしても比較的キレイに染まるのですが、その分髪や頭皮が受けるダメージは計り知れません。

ですが、美容院で使われている薬剤はプロが染めるため、その人の白髪の量や白髪の場所に合わせて薬剤の強さを調節することができます。

美容院によって使う薬剤の特徴が違いますが、比較的髪に優しいボタニカル成分を配合している美容院もあります。

また、塗る場所に合わせて塗り分けをすることができるのも美容院の特徴で、薬剤の強さを調節できる美容院の方が、はるかに髪や頭皮を傷めず白髪を染めることができるのです。

自分が染めるのとプロの美容師が染めるやり方では仕上がりが全く違うが値段も変わる

まず、自分で染める場合、見えない位置などは他の人に確認してもらわなければならないため、一人で染めるとなるとムラができてキレイには染まりません。

この時点で、頭全てを見ることができる美容師が染めるのとでは塗りムラの違いが出るため、美容師に染めてもらう方がキレイに染まります。

ただし、美容院はプロなので、自宅でセルフで染める値段はどうしても高くかかってしまいます。

白髪染めのリタッチを自分でする時にキレイに染める節約方法とコツ

前項でお話したように、美容師に染めてもらう方が髪や頭皮へのダメージも少なくキレイに染まるということがわかりました。

ですが、いくら美容師に染めてもらった方が良いと分かっていても、美容院に行けば費用もかかりますし、時間もかかります。

そうなると自分で染めた方が費用が最小限に抑えられるし、いつでも染められるから便利という人もいるでしょう。

そこで、自分で白髪をリタッチする時にキレイに染めるコツをお話していきましょう。

準備をしっかりしなければ白髪の染まりが悪くなる

まず、自分でリタッチする時は事前準備が大切です。

白髪染めをする前に、以下の項目に注意して準備を進めましょう。

  • 髪にケア剤やスタイリング剤がついていると染まりが悪くなるので、しっかり落とす
  • 白髪染めの染料が液垂れしたり飛び散っても良いようにお風呂場で染める

白髪染めの薬剤はとにかく強力ですので、染める時は何の支障もなくスムーズに染められる環境が必要です。

手早く染めて塗布時間を短くすることで髪や頭皮へのダメージも軽減できますので、事前準備をしっかりしましょう。

白髪染めは暗い色の方が染まりやすい!根元や生え際はさらに暗い色で

白髪は、明るい色で染めると色落ちが早くなったり染まりにくい原因になります。

白髪自体、色が入りにくい状態ですので、明るい色は染料も薄く色がなかなか染まらないのです。

ですので、白髪を染める時は、暗い色で染めるようにしましょう。

もし、明るい色が良いのであれば、自分が希望する色より1~2トーン暗い色で染めるようにしましょう。

特に、生え際や根本は色が染まりにくいので、暗い色で染める方がキレイに染まります。

白髪が多い人は塗布量が多いので染める順番と時間配分が大切

白髪が多い人がリタッチする場合、どこに白髪が多いのかをまず確認します。

これは、塗布する順番を決めるためですので、後ろなど見えにくいところのチェックは周囲の人に強力してもらいましょう。

①:白髪と黒髪が混ざり白髪が比較的少ない部分は後回しにします。

白髪が多い部分から塗布することで、染料を髪に入れる時間が長くなるため、白髪にたっぷりの染料を入れることができます。

白髪が多く目立つ部分から先に塗ったあとは、頭頂部の白髪を塗っていきます。

②:顔の周り(特にこめかみ)は白髪が染まりにくいので顔の周りの白髪に塗布していきます。

最後に耳の上から頭頂部に向かって白髪を塗っていきます。

美容院では頭頂部から耳の上に下がってくるのですが、一人で塗る時は、耳の上から頭頂部に向かって塗る方が塗りいやすいので、この方法で塗りましょう。

耳の上から頭頂部に塗る時は、一気に塗るのではなく、耳のすぐ上を塗ったら7mm上の部分を真横にコーム(くし)の先で分け、その分け目の部分の白髪を塗ります。

この作業を繰り返して頭頂部に到達するように塗れば、一人でも綺麗に白髪をリタッチすることができます。

自宅で根元をムラなくセルフで綺麗にリタッチするコツ

白髪を染める順番や事前準備をしっかりしていれば、ある程度はセルフでもキレイに染まります。

ですが、きちんとムラなくキレイに染めたいのであれば、

  • 周りの人に強力してもらう
  • 薬剤が浸透しやすいように塗布後にラップを巻くか、専用キャップをつける

ようにしましょう。

自分一人で染める時は合わせ鏡をしても、塗りにくい部分や見えない部分が出てきますので、きちんと確認してくれる誰かと一緒に染める方がムラなくキレイに染まります。

また、ラップや専用キャップをすることで頭が温かくなるため、染料の入りも良くなりますが、かくなった分染料が柔らかくなってにじむので、塗りムラを防止する役目もあります。

染め終わったらしっかりすすぐ!使うシャンプーはアミノ酸系がおすすめ

白髪染めの塗布が終わり、放置時間が過ぎたら「しっかり髪をすすぐ」ようにしましょう。

これまでずっと言い続けてきましたが、白髪染めの薬剤はとにかく強力です。

少しでも頭皮にや髪に残ってしまうと頭皮トラブルを招き大ダメージを与えてしまいます。

特に市販の白髪染めは、いつもと同じようにすすいでるだけでは、きちんと落としきれません。

染料は30時間かけてゆっくりと髪に色を浸透させていきますので、白髪を染めた当日にシャンプーで髪を洗ってしまうと染料が落ちてしまいます。

ですので、シャンプーを使うのは翌日からにし、白髪染め後最低10日は洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

洗浄力の強い市販のシャンプーは、せっかく染めた白髪染めの染料が落ちてしまいます。

今30,40代の女性に特に人気のアミノ酸系シャンプーは、「Haruシャンプー」です。

haruシャンプー

ぜひ、気になる方はHaruシャンプーの公式サイトをご覧になってみてくださいね。

白髪染めのリタッチで髪を傷めずキレイに染める方法は?

白髪染めのリタッチは自分でできますが、こうして解説を見ていると、キレイに染まっても「結局髪や頭皮にはダメージがある」ことがわかります。

白髪は頭皮にダメージを受けると増えてしまうため、白髪染めでリタッチを繰り返せば白髪が増えるのを手助けしているようなものです。

でも白髪を染めないわけにもいきません。

こうなると負のループとなってしまいますが、実は頭皮や髪を傷めず、傷んだ髪は修復ふながら白髪を染める方法があるのです。

それが「ヘアカラートリートメント」です。

賢くて節約上手な女性の多くは、自宅でこっそりとヘアカラートリートメント使い染め直しをしているんです。

そんなヘアカラートリートメントの特徴について詳しく解説したいと思います。

ヘアカラートリートメントが白髪染めのリタッチに適している理由

ヘアカラートリートメントには髪を補修する作用がありますので、傷んだ髪を修復するため白髪が増えるのを防いでくれます。

また、白髪のリタッチは1か月に1度や2か月に1度と、何度も繰り返して行うため、そのたびに髪が傷みます。

ですが、ヘアカラートリートメントなら何度使っても髪を傷めにくい優しい成分でできています。

髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えながら、何度でもリタッチできるので、白髪染めのリタッチには最適なのです。

そして、ヘアカラートリートメントは今使っているシャンプー後のトリートメントと交換するだけですので、いつもトリートメントをしている感覚でラクに白髪染めをすることができます。

さらに、両手を使ってトリートメントをするように使えますから、塗りムラもなく、とてもキレイに仕上がります。

ヘアカラートリートメントは「めんどくさい」「髪が痛む」「白髪が増える」という白髪染めのマイナス点を全てカバーしてくれるのです。

白髪染めのリタッチに最適なオススメヘアカラートリートメントは?口コミでも人気!

白髪染めのリタッチにヘアカラートリートメントが最適ということでしたが、ヘアカラートリートメントにも色々な種類があります。

配合されている成分なども違うため、どれを使えばよいのか分からないという人もいるでしょう。

今口コミでも高い人気を誇っているヘアカラートリートメントは「利尻ヘアカラートリートメント」です。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは大人気の商品で、利尻昆布のエキスが配合されており、髪にコシと潤いを蘇らせながら白髪を染めることができます。

とても優しい成分でできているため、白髪染めの影響でアレルギーになった人でも使用できるほどです。

白髪染め独特のツンとした臭いもなく、髪質が良くなったと評判のヘアカラートリートメントです。

たった今、今月だけの特別キャンペーン中で、激安で購入することができます。

下にキャンペーンの詳細を載せておきますので、気になる方がご覧になってみてくださいね。

白髪染めのリタッチは人気のヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染めのリタッチをする場合、髪全体を染めるわけではないので自分で染めるという人もたくさんいます。

ですが、白髪染めがどれだけ頭皮や髪にダメージを与えるかが分かると、使うのも怖くなってくるのではないでしょうか。

そんな時は、白髪染めのリタッチに最適なヘアカラートリートメントを使いましょう。

頭皮や髪へのダメージを軽減するだけではなく、修復してくれるので白髪が増えるのも防げます。

・色落ちを防ぐオススメのアミノ酸シャンプー「Haruシャンプー」

 

・賢く節約上手な女性が愛用するヘアカラートリートメント「利尻ヘアカラートリートメント」

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

おすすめの記事