「まさか!!こんな所にまで白髪が!?」

見つけた時には愕然とした人も多いはずのアンダーヘア(陰毛)の白髪。体毛の中でも、とてもデリケートな部分なのでショックも大きく、密かに悩んでいる人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「他の人はどうなんだろう?」
と気になるのが、アンダーヘアの白髪が生えるタイミングや、抱えている悩み(人前で見られたくない等、困っている事)。

さらに、「アンダーヘアの白髪は何かしらの病気のサイン」という噂もあって心配している人も多いはずです。
そんなアンダーヘアの白髪の原因や対策についてお話します。

アンダーヘア(陰毛)に白髪ができるタイミングはいつ?

アンダーヘアに白髪ができるタイミングは人それぞれ違います。
もっとも多いのが加齢でできる場合ですが、産後だけアンダーヘアに白髪が生えてしまうという人もいらっしゃいます。

また、意外なことにアンダーヘアの白髪は、髪の毛より早く生える人が多く、30代からアンダーヘアに白髪が生えてしまう人もいると言いますから、
「自分だけ若くして生えているのでは…?」
と思っている人は安心してください。多くの人が抱えている悩みのようです。

早い人は10代や20代でアンダーヘアに白髪が出る場合もありますが、この場合加齢ではなく、ストレスや生活習慣が関係していると言われています。
40代後半からは、ほとんどの人がアンダーヘアに白髪が生えてきて、温泉やプールなどで人に見られたら恥ずかしいと感じ、アンダーヘアの白髪をどうカバーするべきか悩んでくるようになります。

アンダーヘアの白髪の原因は?

アンダーヘアの白髪の原因は、加齢や生活習慣だけでなく、ホルモンバランスが大きく関わっていると言われています。
なぜかと言うと、そもそも髪の毛とアンダーヘアでは関わるホルモンが違います。

話を一度変えますが、「男性ホルモン」は女性の体内にも存在するのはご存じでしょうか。
男性の場合、男性ホルモンは精巣と副腎皮質で作られますが、女性も卵巣と副腎皮質で男性ホルモンが作られています。
これが卵巣に多く存在するアロマターゼという酵素の働きによって、女性ホルモンに変わるのです。

話を戻します。
アンダーヘアは、男性ホルモンと副腎皮質ホルモンの影響を受けやすいと言われています。
なので、男性に比べると少ないとはいえ体内に男性ホルモンを宿している女性のアンダーヘアも男性ホルモンの影響を受けることになります。

ホルモンはちょっとしたストレスでも影響を受けやすいといわれており、20代30代でアンダーヘアに白髪が生える場合は、遺伝的要因もありますが、ストレスが影響し、一時的にメラニン色素が作られなくなり白髪が生えたと考えられます。
ストレスを意識的に感じていなくても、長くストレス状態にさらされていると、ホルモンバランスが乱れてしまい、アンダーヘアの白髪として表れてくるのです。

ただ、アンダーヘアは髪の毛より長さが短いため、生え変わるサイクルが早いので、ストレスへの対応が早ければ早いほど白髪がなくなる可能性が高くなります。
もちろん、食生活の乱れなどもホルモンバランスを乱してしまうため注意が必要です。

アンダーヘアの白髪は病気のサイン?

アンダーヘアの白髪は、何か婦人科系の病気のサイン?なんて思われがちですが、アンダーヘアが白髪になったからと言って、直接病気とつながるわけではありません。

インターネットでも、不妊症や性感染症、またはガンの可能性があるなどとしている記事も見受けられますが、医学的な根拠などはないようで、どうやら都市伝説のようです。
髪の毛には白髪がないのに、アンダーヘアに白髪があるのは不自然だと思うかもしれませんが、先にもお伝えしたように、アンダーヘアと髪の毛とでは、関係するホルモンが違うのです。

女性は特に、初潮や出産・更年期などを迎えるとホルモンバランスが乱れやすくなります。
その影響が、アンダーヘアの白髪として出ることが多いのです。
病気とは直接関係がなくても、アンダーヘアに白髪が生えてきたということは、今後の生活環境を見直しましょうと言うサインでもありますので、自分の生活スタイルや食生活に気を配ることも大切です。

みんなの抱えるアンダーヘアの白髪の悩みって何?

アンダーヘアの白髪で実際に悩んでいる人の声を聞いてみましょう。

まだまだ白髪なんて無縁だと思っていたのに、入浴中にキラッと光るものを発見!糸くずでも絡んでいるのかと取ろうと思ったら痛―い!初めてのアンダーヘアの白髪に一瞬固まりました。
(20代 大学生)

友達と温泉に行ったときに、友人のアンダーヘアに白髪が見えて・・・もしかして私も?そろそろ白髪が生える時期なのかな?と心配になりました。
(30代前半 OL)

出産後、髪の毛が薄くなるのは仕方がないと思っていましたが、上の子をお風呂に入れていたら、「ママ白いよ」と言われてアンダーヘアの白髪が1~2本。しばらくしたら無くなったので一時的なものでよかったとホッとしています。
(30代後半 主婦)

40代になってからアンダーヘアの白髪が気になりだして、見つけるたびに抜いていたら毛嚢炎になってしまいました。もう怖くて抜けない。これからどうやって対処しようと悩んでいます。
(40代前半 主婦)

アラフィフにもなるとアンダーヘアの白髪がわんさかで、染めようかどうしようか悩んでいます。今アンダーヘア用のヘアカラーも出ているのですがこんなところ染めて大丈夫なのでしょうか。
(40代後半 会社役員)

50代も半ばだと普通にアンダーヘアに白髪ありですが、やっぱり気になるのが旅行先での温泉。そんな時は、ウォータープルーフのマスカラを塗ってごまかします。目立ちそうな部分にだけ温泉に入るときに目立たなければOKです。それでも、アンダーヘアの白髪は髪の毛よりも年齢を感じてしまいます。
(50代 主婦)

などの声が聞こえてきます。
どの年代の方も、髪の毛よりもアンダーヘアの白髪にはかなり敏感になっていますよね。リアルに年齢を感じてしまう場所でもあるのがアンダーヘアの白髪なのだと感じます。
では、実際にどういった対処をするのが効果的なのでしょうか?

アンダーヘアの白髪の対処方法

実際に考えられる対処法を並べてみます。

  • ①抜いてみる
  • ②切って対応
  • ③白髪染めをする

ざっと3種類ですが、どの方法がベターでしょうか?①から順に検証していきましょう。

①抜いてみる・脱毛してみる

毛抜きアンダーヘアの白髪の対処方法として、少ないうちは抜いてしまっている人も多くみられますが、あまりおすすめできません。

陰部は非常にデリケートな部分なので、髪の毛とは違う毛質の太くて縮れた毛が生えています。それだけ、守らなくてはいけない部分なのです。

むやみに毛抜きなどで抜いて、炎症を起こしたり、それがもとで膀胱炎や膣炎などをおこす可能性もありますので、毛抜きなどで毛を抜くことはやめましょう。

どうしても処理したい場合は、脱毛サロンや脱毛専門のクリニックで相談してみましょう。
お値段は、17万円~30万円と幅がありますが、脱毛クリニックの医師は皮膚科医である場合が多いので、きちんと相談してメンテナンスをしてくれるはずです。
一度、永久脱毛すれば、恒久的に生えてきませんが、コスト的に厳しい面があります。

また、最近は家庭用脱毛器やブラジリアンワックス(脱毛クリーム)でもVIOゾーンの脱毛もできるため、そういったアイテムを利用することも1つの方法です。

人気の脱毛サロン

ミュゼプラチナム脱毛クリニックでは金額的にも少々高くなってしまうため、現在は脱毛サロンで脱毛を行う方が増えていますが、人気なのがミュゼプラチナムです。
全国に店舗があり、口コミ評価も高く安心できる脱毛サロンです。

もちろんミュゼプラチナムではデリケートゾーンであるVIO脱毛もできるため、陰部の白髪の脱毛も可能です。

人気の家庭用脱毛器

ケノン楽天の家庭用脱毛器ランキングで260週以上1位を獲得している大人気脱毛器がケノンです。

・近くに脱毛サロンが無い
・予約を取ってサロンに行くのが大変
・恥ずかしい部位なのでできれば自分で処理したい
という方は家庭用脱毛器がおすすめです。

もちろんケノンではデリケートゾーンの脱毛も可能です。

デリケートソーンにも使える脱毛クリーム

シェリークリアデリケートゾーンにも使える人気のブラジリアンワックスがシェリークリアです。

ブラジリアンワックスは数多くの種類がありますが、シェリークリアの特徴としては肌に優しい天然由来成分で作られているためアンダーヘアにも使えるというのが特徴です。
ブラジリアンワックス特有の使用した時のヒリヒリ感もありません。

家庭用脱毛器と比べると価格もだいぶ安いため、多くの方が使用しているアイテムです。

②切って対応

切ることは抜くよりも安全で効果的です。短く切れば目立ちませんし、実に手軽です。
ただし、これは白髪の量が少ないうちのみ通用すると思っておきましょう。

数が触れれば手間になりますし、切る面積が多くなると、見栄え的にも厳しいことになります。
なので、切る方法は初期段階の身にしておきましょう。

③白髪染めをする

カラーシャンプーでは、髪の毛と同じように染めるのはどうでしょう?
結論からいうと、染める際におすすめするのはヘアカラーシャンプーです。
ただし、アンダーヘア専用というものは無いため気を付けてください。

陰部は非常にデリケートな部分ですから、市販の染毛剤(酸化染毛剤:2剤式)は刺激が強すぎるため論外です

理由はカラーリング剤を付けた後にしばらく放置しなければならないからです。
染まるのを待っている間にカラーリング剤の液が垂れてきてしまう可能性があり、陰部に付着すると危険です。

一方でカラーシャンプーの場合はシャンプーですから付けて洗って流せばOK。手軽で徐々に染まっていきます。

白髪染めトリートメントを使用する手もある

マイナチュレダークブランまた、最近は白髪染めヘアカラートリートメントを使って染める方も増えています。

通常のカラーリング剤とは違い、基本はトリートメントのジャンルに入るため皮膚にも低刺激となっています。

ヘアカラーシャンプーよりも染毛力があるため、一度の使用でも染まった実感を持つことが可能です。

白髪染めトリートメントと言っても多くの種類が販売されていますが、おすすめはカラーシャンプーと同メーカーのマイナチュレのヘアカラートリートメントです。

こちらも植物由来成分でつくられていて、パラベン・合成香料・シリコン・鉱物油・ジミアン系染料・紫外線吸収剤・サルフェート・法定タール色素など無添加になっていて安心して使用できます。

おすすめのアンダーヘアの白髪の対処方法は?

ということで、おすすめのアンダーヘアの白髪の対処方法は以下のようになります。

①抜いていてみる  △
②切って対応    △
③白髪染めをする  〇

染める場合はヘアカラーシャンプーやヘアカラートリートメントを使いましょう!

誰にも言いたくない、家族にも知られたくないとアンダーヘアの白髪。原因はホルモンバランスが大きく関係しているようです。

普段あまり人に見られることのない部位ではありますが、いざという時は誰にでもあると思います。

「温泉や銭湯などで人の目が気になる…」
「性行為の時に相手に見られてガッカリされたくない…」
「お風呂で子供に指摘されたくない…」

などなど、思い当たるシーンが浮かぶ方はデリケートゾーンの白髪ケアも行っておきましょう。

おすすめの記事