白髪染め百花
LPLPバナー"
> > ストレスで白髪が増える?因果関係は本当にあるのか・・

ストレスで白髪が増える?因果関係は本当にあるのか・・


ストレスで悩む女性

なんとなく、強いストレスを感じたあとに白髪が増えている感じがする。
気のせいだろうか・・・
特に白髪になる年齢でもない、食べ物にも気をつけて、睡眠も十分とっているはずなのに白髪が増えている気がする・・・
そんな風に感じている人に是非読んでい頂きたい情報です。
ストレスと白髪の関係について深く解明していきます。
きっとあなたの疑問に答えが出るはずです。

ストレスを受けると白髪になる?

ストレスを受けると白髪になると言われていますが本当なのでしょうか?
一夜にして一気に白髪になるなんて話も聞きます。
かの有名なマリーアントワネットも牢獄に入れられ、処刑されるショックで一夜にして白髪になったなどと言う有名な話がありますが、本当にあると思いますか?
実際は、生えている髪が一気に白髪になることはありえないのです。
ただ、ストレスと白髪は切っても切れない関係にあります。

「ストレスで白髪が増える」は嘘とは言えない。ただし、あくまで遠因

ストレスが直接白髪の原因になるわけではないのですが、きっかけとなって、次第に白髪になりやすい状態に導かれてしまうということは否定できません。
その仕組みをご説明します。

ストレスを感じることによって、少しずつ自律神経のバランスが乱れていきます。
すると、自律神経のバランスが乱れ、体は正常に機能しなくなります。
さらに、自律神経の乱れによって血液循環が悪くなり、それがもとでメラノサイト細胞の活動が弱まってしまうため、髪に色がつかなくなってしまう可能性が高まります。

ただし、ストレスを受けたから、すぐに白髪になると言う単純なものではありません。
ストレスの影響で白髪になるとしたら、今見つけた白髪の原因となったストレスは数か月前のものです。
髪の毛は一日約0.5mm、1カ月では1.5cm程伸びると言われています。
そう考えてもすでに生えている白髪が白くなることはありませんので、根本であれば約1カ月前のストレスが影響していると考えられるのです。

ストレスホルモンが血管を収縮

ストレスを感じている状態だけでも、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
その状態だけでも、血液循環が悪くなってしまうのに、そこへさらにストレスがかかると、血管を収縮させるストレスホルモンが大量に分泌されてしまうのです。
これが髪にとっては大きな問題です。
もともと、血液の流れが悪い所にさらに血液の流れが悪くなるホルモンの分泌によって、血管はとても狭くなり栄養を運んでくれる血液が体全体にいきわたらないのです。
血行が悪いときには、手足が冷えますよね?
これにはとても大切な意味があります。
私たちの体の中心には大切な内臓があります。
その内臓に血液が足りなくなると体が円滑に活動できないため、手足という末端の血液を体の中心にあつめて内臓を働かせるために、手足の血液が不足して冷たくなるのです。
その結果、髪には十分な血液がいかず、血行不良となり白髪や抜け毛の原因にもなりえます。

「一夜にして白髪化」説の生まれた理由

黒髪が白髪になる仕組みは、毛根にあるメラノサイト細胞の機能が低下したり、消失することによって、髪の毛に色がつけられずそのまま生えてきてしまうのが白髪となります。
もともと、私たちの髪には色がついている訳ではなく、このメラノサイト細胞が毛根で色をつけてくれているのです。
また、実は、髪は死んだ細胞と言われてます。簡単に言うと、表皮の新陳代謝が終わった状態で、細胞がかたくなり細胞の活動がすでに終えている状態が髪の毛なのです。
そのため、一気にすべての髪が白髪になることは考えにくいのです。

ただ、白髪がある日突然めだつことがあります。
それは円形脱毛症です。
円形脱毛症の時には、黒髪の毛根の方が抜けやすい状態となります。
白髪交じりの円形脱毛症になると黒髪が先に抜けてしまうため、残った白髪が目立ち、一気に白髪になったように見えるのです。
大きなショックやストレス等で一夜にして白髪化すると言う説が噂として流れるのは、この現象から言われるようになったのかもしれません。

ストレスでできた白髪はもとにもどせる?

ストレスでできた白髪を黒髪の戻せるのでしょうか?
ストレスを解消すればよいのでは?と単純なものではありません。
ストレスを解消すればすぐに黒髪に戻るわけではないのです。
黒髪に戻すためには、ストレスを上手に解消し、自律神経を整えることで血行不良を改善し少しずつメラノサイト細胞を活性化していく必要があります。
まずは、自律神経を整えるのにしばらく時間がかかります。
自律神経はその名の通り、私たちの意志とは関係なく体の中の状態を判断して自立して働く神経です。
そのため、自律神経が乱れている状態から正常の状態に戻すのには、数か月かかる人もいれば数年かかる場合もあるのです。
まずは、白髪があるというストレスをヘアートリートメントで回避しましょう。
市販の白髪染めでは頭皮に刺激が強すぎますので、髪や頭皮に優しいヘアートリートメントで白髪をカバーし、髪や頭皮を痛めることなくストレスフリーな状態で黒髪になっていくのを促せます。

まとめ

ストレスで白髪増える?因果関係はいかがでしたか?
ストレス=白髪と言う考え方は直結しないのがお分かりになったと思います。
ストレスだけで白髪になるという事は、今現在証明されていません。
ただ、ストレスは白髪の直接ではありませんが、間接的な原因となるため、日々自分のストレスを少しずつ解消するのはとても大切なことです。
まずは、今生えている白髪を見るたびにストレスになってしまうなら、ヘアーカラーでそのストレスを解消することから始めましょう。
ヘアーカラーで白髪をカバーすることであなたのストレスの一部が改善されますよ。


利尻バナー