白髪染め百花
LPLPバナー"
> > 妊娠中の白髪染めによる胎児への影響や注意点

妊娠中の白髪染めによる胎児への影響や注意点


妊娠中の白髪染めによる胎児への影響や注意点

妊娠中はメンタル面でも不安定な時期で、ちょっとしたことでも考え混んだりし易くなります。
女性にとって髪をキレイに保つ事は精神的にも良い影響を与えます。なので白髪が気になったりすればストレスに感じる事もあるでしょう。

この時期にヘアカラー(白髪染め)をしても大丈夫なのか?胎児への影響といった不安や疑問を解決します。

そもそも妊娠すると白髪が増えるという説がある?

妊娠中には悪阻が起こるなどホルモンバランスが乱れがちで、その結果、抜け毛が増えたり、頭皮が乾燥したりトラブルが起こりがちです。
その現象のひとつとして白髪が増えるとも言われています。

頭皮の異常はホルモンバランスが整えば元に戻ることが多いようですが、なかなか抜け毛がおさまらない方や薄毛になる場合や、クセ毛が強くなる方も多いのも事実です。
妊娠するとミネラル不足も起こり、白髪の原因になりえる身体の変化が多いのは事実の様です。

妊婦中にカラー(白髪染め)をしても大丈夫?

サロンでカラー(白髪染め)をするにしてもお家でホームカラーをするにしても、そもそもカラー(白髪染め)をしてもいいものかどうか?疑問を抱きますよね。

市販ヘアカラーは、一剤と二剤があり、使用する際にそれらを混ぜて化学反応を起こして髪を染めていきます。
その化学反応に使われるジアミンという成分や2剤につかわれる過酸化水素は刺激の強い薬剤です。

これらは体内に蓄積される物質なので、過敏な反応をしやすい妊娠中はアレルギー反応などが強まるので、商品には使用を避けるように記載されています。

胎児への影響は?

ただし、胎児への影響は今のところ医学的な根拠はないとされており、妊娠中にカラーをする事自体に重大な問題はないとされています。
ただ、体内蓄積される薬剤が全く赤ちゃんに影響がないと不安が払しょくできないのも事実です。

また、なにかと敏感な時期ですのでカラー剤のニオイがキツかったり、途中で気分が悪くなってしまうこともあり得るので、自宅でホームカラーをする場合は1人でするのは避けた方が良いでしょう。

妊娠中にサロンで白髪染めを希望される方が注意すべき点

妊娠中は、悪阻やストレスなどで体調がすぐれなかったり、シャンプー台で横になった時にお腹が圧迫されて張る事があります。

シャンプー台の種類によっては楽な姿勢で行える物があり、いわゆるバックシャンプー台は、妊婦さんにとって姿勢が楽にシャンプーが出来る事から、この時期はバックシャンプー台があるサロンでカラー(白髪染め)をするのもオススメです。

そして、サロンスタッフには妊婦中であることを伝えて、なるべく負担が無いように配慮してもらいましょう。長時間同じ体勢で座っているだけでも疲れるので、クッションなどを背中に入れてもらったり(持参していいか事前に確認して)その間を過ごし易い環境にすれば、かなり楽になります。

まとめ

妊娠中は体調管理や悪阻などの影響でストレスが溜まりホルモンバランスが崩れがちで、頭皮や髪が荒れることもよくあります。
そんな時期ですので、白髪が気になっても無理にヘアカラーなどはせず、常態が落ち着いてからサロンなどに相談しながらケアをしていくのがよいでしょう。


利尻バナー