白髪染め百花
LPLPバナー"
> > 女性用の白髪染めを男性が使用しても白髪は染まる?

女性用の白髪染めを男性が使用しても白髪は染まる?


女性用の白髪染めを男性が使用しても白髪は染まる?

自宅で白髪染めをしようと思った時にドラッグストアやスーパーなどに白髪染めを買いに行く方も多いと思いますが、店舗に並んでいる白髪染めの多くは女性用のものばかり。
もちろん、男性用の白髪染めも置いてありますが女性用に比べると種類は非常に少ないです。

「男性が女性用の白髪染めを使っても大丈夫?」
「女性用を使った場合薄毛や抜け毛の原因になったりしない?」

上記はよくある質問ですが、ここでは女性用と男性用の白髪染めの違いなども踏まえて解説していきたいと思います。

男性が女性用の白髪染めを使用しても問題なし!

シャンプーや育毛剤は男性と女性の頭皮や髪質、ホルモンの違いから女性が男性用を、男性が女性用を使用すると逆効果になることもあると言われています。

しかし、白髪染めに関しては男性が女性用のものを使用しても、その逆でも特に問題はないのです。
基本的に白髪を染める成分は男性用も女性用も特に違いはありません。

市販の白髪染めの場合は箱のパッケージなど、男性用は男性の写真などが使われているなど、男性が手に取りやすいようになっている程度の違いでしょうか。

また、カラーバリエーションは女性用の白髪染めの方がずっと多いので、男性も女性用の白髪染めの方であれば色選びが楽しくできるという声もあります。

ただし、男性用も女性用も成分にほとんど違いがないことから、地肌への刺激はとても強く、毛のためなどを考えればどちらを使用しても注意はしなければなりません。

白髪が染まる原理は同じ

男性用も女性用の白髪染めの原理はほとんど同じです。

まず、白髪染めを使用する前の髪の状態は、キューティクルが閉じた状態でその中にはメラニンが入っています。
メラニンは黒い毛には黒のメラニン、白髪には白のメラニンが含有しており、白髪でもメラニンがない状態ではありません。

1剤のアンモニアでキューティクルを無理に開き薬剤を入れやすくしていきます。
次に開いたキューティクルの中に、直接染料、関節染料、カプラーなどの染料が入るのです。

そして2剤として過酸化水素を入れると化学反応を起こし、髪を漂白して染料を定着させます。
最後にトリートメントをして、キューティクルをしっかり閉じるようにしていくのです。

白髪の部分だけを染めるのではなく、白髪でない黒い部分の色素も脱色して色を入れるため、全体に同じカラーが入るので、むらなく明るい色を染めることもできるのです。

しかし、それだけ毛や地肌にも負担が増えることがデメリットとなります。

男性用と女性用の白髪染めの違いとは?

白髪染めのカラーバリエーションの違い

日本の場合、一般的にほとんどの人の毛の色が黒なので、さまざまな色に染めることは、まだまだ不謹慎とされる社会があります。

女性に対しては「おしゃれ」というイメージで社会も認めていますが、男性に対してはまだそこまでフリーなイメージがない部分もあり、特に自由業でない限り、黒や茶などで染める人がほとんどです。

このようなことから、女性用はカラーバリエーションが10種類以上あるメーカーもたくさんあります。が、男性の場合はせいぜい3種類程度のカラーバリエーションです。
そのため男性でもおしゃれがしたい場合は女性用を使用した方が楽しめるのではないでしょうか。

白髪染めの香料の違い

白髪染めの男女の違いの1つに香りがあります。
女性用はフローラル系やシャボン系の優しい香りがほとんどで、男性用はスカッと爽やかなミント系のすっきりした香りがほとんど。

やはりシャンプーの香りなども同じような傾向がありますが、やはり男性はスカッと、女性は甘く優しくというイメージが好まれています。

逆に男性が女性用を、女性が男性用を使用するなら、逆に頭皮にも良い無香料の方がおすすめです。

染色にかかる時間の違い

男性用の白髪染めは女性用と比べ、放置時間が短いのが特徴で、男性の場合大体5分程度の放置時間のものが多いのです。

まず男性はわざわざ白髪染めのための時間を費やすことを嫌います。
そのためできるだけ早く、さっと染まることを重点に置いている白髪染めが多いです。

男性は髪が短い人が多いので、そういう意味からも染める時間を短くしていると言われています。

白髪染めも薄毛の原因になる可能性があるためトリートメントタイプがおすすめ

頭皮を抑える女性薄毛や抜け毛の原因は生活習慣やストレスなどさまざまありますが、白髪染めなどのカラーリングも原因となっています。

特に市販の白髪染めは刺激が強く、頭皮がピリピリするという経験のある人も多いのではないでしょうか。
1剤2剤(過酸化水素)を混ぜ合わせる2剤式タイプはタンパク質の分子を切断します。

また、白髪染めを行うとキューティクルが開くため、最後にトリートメントをしますが、それでも完全に閉じることはありません。
髪の毛の内部のタンパク質や栄養素が外に出てしまうので、バサバサの髪になり、毛は細くなっていきます。

白髪染めを行う過程で、刺激の強い液体を頭皮につけないように行うことはなかなか難しく、頭皮に強い刺激を与えてしまうことになり、頭皮を傷めたり、アレルギーなどのトラブルリスクも高まります。
当然薄毛、抜け毛リスクも高くなるわけです。

その点、トリートメントタイプの白髪染めなら、キューティクルを無理に開くこともなく、毛に優しい天然素材で、トリートメントをしながら染めていくことができます
とのため、毛や頭皮に悪影響がある白髪染めと違い、逆にケアをしながら白髪を染めることができるためオススメです。


利尻バナー