鏡を見た時に「え?!生え際に白髪が!」と、前髪の目立つところに白髪があると愕然としてしまいます。

女性はいくつになっても若く見られたいものです。
ですが、いくら顔や首にシワがなくても前髪の生え際に白髪があると、それだけで老けて見られてしまいます。

「生え際の白髪をなんとかしたい!」

そんな女性のために、生え際の白髪を改善する方法をお伝えします。

染めたり髪型を変えて隠すことは簡単ですが、白髪になる原因を知らなければ白髪は増える一方です。
まずは白髪の原因を知り、白髪を増やさず生え際の白髪をうまく隠す方法や、染めにくい前髪の白髪をうまく染めるコツやポイントなどを解説したいと思います。

白髪になる原因はメラノサイトの機能低下!20代の若者も気を付けて

白髪ができる場所によって原因が違うということをご存知でしょうか。

実は、老化によって白髪が生える場合、生えてくる場所の順番が決まっています。
まず側頭部に白髪が生え、次に頭頂部と移っていき、前髪の生え際に白髪ができるのはこの後です。

ですので、前髪の生え際に白髪が生えている場合、順番が違って白髪が生えてきているため、老化による正常な白髪が生えてきているわけではないのです。

白髪になるメカニズムは、メラノサイトという黒色の色素を作り出す色素細胞の機能が低下しているためです。

髪を作るのは毛母細胞なので、毛母細胞の機能が低下していると思われている人が多いのですが、白髪に関しては違います。

色素細胞で黒色の色素を作り、できた色素を毛母細胞に送り込んで黒髪が生えてきます。
ですが、メラノサイト(色素細胞)の機能が低下すると黒色の色素を十分に送れなくなるため、白髪となって出てきてしまうのです。

ですので、白髪の原因をつきとめるにはメラノサイトの機能を低下させていることが何なのかを知ることが大切なのです。

メラノサイトの機能を低下させる原因は「若いから大丈夫」というものではありません。
20代の若者でもメラノサイトの機能が低下してしまうことがありますので、白髪になる可可能性は十分あります。

では、白髪の原因について次項で詳しく解説していきましょう。

前髪や生え際にどっさり白髪が生える4つの原因とは?

前項で白髪になるメカニズムはわかりました。
メラノサイトの機能が低下することにより白髪になるということでしたが、前髪の生え際に最初に白髪が生えてしまうのは正常ではありません。

では、なぜ最初に前髪の生え際に白髪が生えてしまうのでしょうか。
自分の生活を思い出して、当てはまることがないか確認してみましょう。

白髪の原因①:眼精疲労でメラノサイトの機能が低下

メラノサイトの機能は、眼精疲労による「目のストレス」によって低下し、生え際に白髪ができやすくなります。

目の周りにはたくさんの神経や筋肉があり、瞬きをするだけでも神経や筋肉が動くため、人の体の中でも特に疲労が激しい場所です。

ですが、普通に生活するだけでは最初に前髪の生え際に白髪が生えることはありません。

前髪の生え際に白髪が生えやすい人は、目を酷使するパソコンやスマホを使うことが多い人です。

仕事柄パソコンを使うことが多い、いつもスマホを触っているなど、パソコンやスマホを使うことが多い環境で生活している人は生え際に白髪が生えやすくなります。

パソコンやスマホなどで目を酷使することで、目の周りの神経や筋肉が常に緊張している状態になります。

筋肉が緊張すると血管の収縮が起こり血流が悪くなるため、メラノサイトに必要な栄養が行き届かなくなり白髪が生えやすくなります。

眼精疲労が起こっている症状で、まず現れるのが「目の充血」ですので、この段階で対処すれば白髪が生えてしまうことはありません。

ですが対処をせず、そのまま目を酷使すると目の周りの神経や筋肉の疲労が溜まっていき、血流はどんどん悪くなります。
慢性的な血行不良になると、必要な栄養が行き届かなくなることが多くなるため白髪も増えていきます。

白髪の原因②:白髪を抜きすぎるとメラノサイトの機能が低下する

「白髪があった!抜いてしまおう」と白髪を抜いている人はいませんか?
白髪が1本や2本生えている時に、抜いた経験がある人は多いと思います。

ですが、白髪を抜くことでメラノサイトの機能が低下し、白髪を増やしていることを知っている人は少ないでしょう。

さらに、白髪を抜くことで将来薄毛になってしまう可能性もありますので、白髪を見つけても抜いてはいけません。

髪を作る毛母細胞は、毛乳頭に栄養を送り健康な髪を生やしています。
健康な髪の場合、一つの毛穴から2~3本の毛が生えていますが、白髪を抜くということは、このうちの1本を抜いているということになります。

毛を抜くと髪を作り出す毛母細胞が傷つきダメージを受けます。
毛母細胞がダメージを受けると毛母細胞の周囲にあるメラノサイトも傷つき黒髪に必要な黒色の色素を作れなくなってしまいます。

そのため、白髪を抜くと白髪が増えると言われているのです。

また、「白髪は絶対抜かないで」と美容師も言います。

若くて毛母細胞が元気な時は良いのですが、老化と共に髪は細くなりますし、毛母細胞も髪を作る機能が低下していきます。

毛母細胞の機能が低下すると毛根が死んでしまって髪の毛が生えてこなくなりますので、白髪でも抜かずにおいておくことで毛母細胞へのダメージを軽減させることができ、年を重ねても十分な毛量をキープできます。

白髪の原因③:化粧品が起こす肌トラブルでメラノサイトの機能低下を招く

前髪の生え際で肌トラブルが起こると毛母細胞や毛入と、メラノサイトもダメージを受け、メラノサイトの機能が低下し白髪が増えます。

昔は安全性の低い化粧品やお肌に悪影響を及ぼす化粧品などもありましたが、最近では原材料も豊富で「無添加」「天然成分90%以上」という化粧品も販売されています。

もちろん、自分のお肌のためにもより安全な化粧品を使うことが大切ですが、化粧品に関しては100%お肌に影響のない商品はないというのが現状です。

化粧品は油分が高いのでメイク落としで1度洗い流す程度では、きちんとメイクが落ちきっていません。

そのため、化粧品の成分が付着したままのお肌は毛穴が詰まってしまい肌トラブルを起こしたり、雑菌が繁殖して頭皮の細胞がダメージを受けて白髪になります。

白髪の原因④:シャンプーやコンディショナーが十分洗い流されていない

メイクの場合と少し似ていますが、シャンプーやコンディショナーのすすぎ不足もメラノサイトの機能を低下させる原因になります。

理由は、メイクの場合と同じで「シャンプーやコンディショナーの成分が頭皮に残ってしまう」ため、頭皮の毛穴が詰まったり、雑菌が繁殖し頭皮の炎症やトラブルを起こしてしまいます。

シャンプーには色々な種類があり、アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に優しく天然成分で作られているものが多いため、使っている人もいるかと思います。
ですが、一般的なシャンプーに比べて価格が高いため、市販されている普通のシャンプーを使っているという人がほとんどでしょう。

市販のシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれ、アミノ酸系シャンプーに比べて頭皮に刺激の強い成分が使われていることが多いのです。

特に合成界面活性剤やシリコーンは頭皮に与える影響が高く、毛母細胞や毛乳頭、メラノサイトにもダメージを与えます。

さらに、アミノ酸系シャンプーでも高級アルコール系シャンプーでも、すすぎ残しがあれば頭皮トラブルが起き、毛母細胞や毛乳頭、メラノサイトの機能も低下します。

髪の長さにもよりますが、ショートカットの場合でも3分間はすすがなければ、シャンプーやコンディショナーはしっかり洗い流すことができていません。

「たった3分?」と思われたかもしれませんが、3分を計ってみると意外と長いものです。
実際3分間しっかりすすいでいる人は少ないのではないでしょうか。

また、すすぎも頭頂部や髪の先ばかりすすいで、前髪の生え際のすすぎが足りていない人も多くいます。

ロングヘアの人は、すすいでいる時に髪が顔や肌に張りついてしまうため、張りついた部分はきちんとすすぎが出来ていません。

シャンプーやコンディショナーの成分をしっかり洗い流すことも、白髪を減らす大切なことですので、洗髪の時は「すすぎ」を意識しましょう。

白髪の原因⑤:美容院や市販の白髪染めの影響

前髪や生え際の白髪を改善・予防する方法を解説!

では、前髪の生え際だけ白髪が生えてしまたった場合、どうすればよいのでしょうか。

朝鏡を見て「もう時間がない!生え際の白髪どうしよう!」と焦ることがないように、すぐに生え際の白髪に対応できる方法と、日々の生活の中で白髪を改善したり増やさないようにする対策をご紹介しましょう。

白髪の改善方法①:眼精疲労を回避するための「目のストレス」を軽減する

最初に前髪の生え際に白髪が生えてしまったという人は、眼精疲労による目のストレスが原因だと考えれます。

特に女性はデスクワークが多くパソコンを使う仕事が多いと思いますので、男性より前髪の生え際に白髪が生えやすいのです。

パソコンやスマホを使うことが多い人は、目の疲れに注意しなければなりませんので、目が充血していると感じたら、まずは目を休めることです。

目を閉じホットタオルをまぶたの上に置く、眼精疲労を回復させる目薬を差すなど対処しましょう。

また、視力が悪くコンタクトレンズをしている人は、眼鏡にするのも一つの方法です。
コンタクトレンズやメガネを私用する時は、きちんと度の合ったものを選ぶようにしましょう。

白髪の改善方法②:生え際の白髪が気になる時の染め方は「前髪だけ」

前髪の生え際の白髪が多くなってくると「毛染め」をすることになります。
白髪を隠すには毛染めが確実ですが、毛染めをするときに注意しなければならないポイントがあります。

それは、「前髪だけ染める」ということです。
毛染めは髪に色を入れるので、染めるだけでも髪や頭皮にかなりのダメージを与えてしまいます。

頭皮にダメージを受けるということは、毛母細胞や毛乳頭、メラノサイトにもダメージを与えることになり、白髪が増える原因になります。

ですので、ダメージを与える部分を最小限にするため、白髪の生えた「前髪だけ」を染めるようにしましょう。

白髪の改善方法③:頭皮に優しい白髪用トリートメントもおすすめ

白髪を隠すには「毛染め」が確実ですが、メラノサイトに与えるダメージを考えると極力避けたいものです。

そんな時は白髪用のトリートメントがおすすめです。
白髪用のトリートメントは「毛染め」ほどの効果はありませんが、刺激が少なく頭皮に与えるダメージも軽減されます。

前髪の生え際は染まりにくいと言われていますが、できて間もない白髪はまだ健康でほとんど痛みがないため染まりにくいのです。

「白髪染め」も同様にできて間もない白髪は染まりにくいので、その点では白髪用のトリートメントも同じです。

ですが、生えてきて年月がたった白髪は痛みが出てきているためトリートメントでもよく染まります。

それでも「トリートメントは染まりにくい」と感じた時は、染めた部分にラップを貼り付けてタオルを巻くと髪の温度が上がりキューティクルが開きやすいので、染まりやすくなります。

また、1回では染まりにくいという場合は、毎日染めるのも一つの方法です。
3回ほど染め直せばキレイに染まりますので、白髪用トリートメントできちんと染めたいという人は、数回染め直すようにすると良いでしょう。

白髪の改善方法④:前髪の生え際が隠れる髪型にする

もし、前髪の生え際に生えてきた白髪が少ない、あまり目立たないという人は髪型を変えるだけで隠すことができます。

前髪の白髪を隠すコツは「自然な髪型」にすることです。
前髪の生え際に視線が集中するような髪型ではなく、あくまで自然な髪型にすることでうまく隠すことができます。

前髪の生え際を隠したいからと、前髪を長くしてもっさりとおろしてしまうと逆に前髪が目立って視線が集中してしまいます。

前髪を下す時ももっさりと全部下すのではなく、前髪にグラデーションをつけてもらいふんわりとおろすと重く感じず自然に見えるので、視線が集中することはありません。

朝など急いでいる時に、前髪の生え際に白髪を見つけたという場合は、前髪の分け目を変えるだけでも隠すことができますので、試してみてください。

白髪の改善方法⑤:メラニン色素を作る食べ物を摂取する

根本的な部分から白髪を防ぎたいという人は、食べ物に注意するようにしましょう。
人間の体は生命維持が必要な部分から栄養を届けるため、特に生命維持に必要ない髪の毛に栄養が行くのは最後になってしまいます。

そのため、しっかりと栄養がとれていないと髪に届ける栄養もすくなくなってしまい、メラノサイトで色素を作る機能も低下してしまいます。

「体内の毒素」と呼ばれる老廃物が体内に溜まると、頭皮にまで行き渡ってしまい白髪の原因になってしまいますので、老廃物の原因となる糖質を控えるようにすることがポイントです。

また、ビタミンCとビタミンE、ビタミンB12にはメラノサイトや毛母細胞の老化を防ぎ活性化させますので、柑橘系や豚肉などのビタミンCやナッツ、魚貝類に多く含まれるビタミンEを積極的に摂るようにしましょう。

そして、髪の黒色を作り出すメラニン色素は必須アミノ酸の「チロシン」や「フェニルアラニン」から作られますので、これらを多く含むチーズや大豆も積極的に摂るようにしましょう。

前髪・生え際の白髪を隠す!

白髪の正しい知識を身に着けて対処することが大切

前髪の生え際が白髪になる原因は様々でした。
ですが、自分に起こっている症状や髪の状態、日々の生活を見れば、何が原因で前髪の生え際に白髪が生えてしまったのか原因が見えてきたのではないでしょうか。

白髪を予防、改善するには、白髪に対する正しい知識を身に着けて対処することが大切です。
前髪の生え際の白髪は顔の輪郭に沿って生えているので、とにかく目立ちます。
女性にとって「老化」は嫌なものですが、老化による白髪でない場合、白髪を改善する方法はあります。

自分の白髪の原因が何かわかっただけでは白髪は減りませんし最悪な場合増えていきます。しっかりと対処法を実践することで改善されていきますので、いつまでも若々しい女性でいられるように対処法を実践していきましょう。

おすすめの記事