白髪染め百花
LPLPバナー"
> > 市販品の代替に含まれるジアミンって?その危険性とは

市販品の代替に含まれるジアミンって?その危険性とは


市販品の代替に含まれるジアミンって?

低コストで手軽に使用できる「市販の白髪染め」。その反面、市販販の白髪染めを使用して頭皮がかゆくなったり、赤くなったという方いらっしゃいませんか?
中にはアレルギーを発症する人もいます。

この原因と言われているのが「ジアミン」という物質です。
このような注意が必要な成分を理解したうえで安全な白髪ケアを心がけましょう。

市販の白髪染めに入っている成分について

白髪染めの中の成分は、白髪を染める染料・白髪をケアするトリートメント・シリコン・育毛剤・界面活性剤・その他防腐剤や安定剤などの添加物になります。(商品によって含まれている割合や種類も異なります)

この中でも注目していただきたいのは「ジアミン」といわれる成分です。

ジアミン

ヘアカラーをした際に頭皮にピリピリとした刺激を感じることがありますが、正体はこのジアミンです。
これが頭皮のかゆみや炎症、またアレルギーの原因となってしまうのです。

ジアミンとは?

酸化染毛剤に含まれるジアミンは、多くの場合、正式にPPDA、パラフェニレンジアミンといわれるものが主に含まれています。(その他にはパラアミノフェノールやトルエン-2,5-ジアミンなどがある)
ジアミンはメラニンを脱色するとともに、カラーを発色・沈着させる成分として酸化染毛剤には欠かせません。

また、少量で濃い色を出したり、混ぜ合わせることで色のバリエーションを簡単に作成することができます。
また安価で使用できることもあるため、髪の毛を染めるにはとてもよく使われています。

ですが、その便利さとは反面、とても成分が強く刺激が強いのでアレルギーを起こしてしまう人も多く危険成分として取り扱われることもあるほどです。

ジアミンアレルギーとその危険性

ジアミンアレルギーの主な症状は、頭皮の痛み・かゆみ・湿疹・赤み・顔の腫れなど、さまざま。
強い成分なので、一回使用しただけでもアレルギーを引き起こしてしまう人もいれば、ずっと何でもなかったのに、使用しているうちにアレルギー反応を引き起こしやすくなってしまう人もいます。

その理由としては、ジアミン成分が体内に取り込まれると肝臓で分解できずにどんどんと体内に蓄積されていくことがあります。ジアミンが蓄積されれてしまうとアレルギー反応が起きやすい体質に変化していってしまうのです。体内に蓄積されるので、妊娠中の人や子供の使用は絶対に避けてください。

また、実際にアレルギー反応がでてしまった場合は、ジアミン成分が配合されている白髪染めの使用を中止せざるを得ないでしょう。

ジアミンが含まれる市販の白髪染めとは?

白髪染めには様々な種類がありますが、市販の白髪染めはほとんどの場合参加染毛料と呼ばれるヘアカラータイプのものが定番です。
この酸化染毛料にはジアミン系の染料が欠かせませんので、ほとんどの製品に含まれています。

わかりやすいものとしては1剤、2剤を混ぜ合わせる「2剤式」と言われるものです。
ドラッグストアなどに並んでいる白髪染め(ヘアカラー)は、ほとんどがこれにあたりますので、購入前に確認してみましょう。

ノンジアミンと呼ばれる白髪染め

今では白髪染めにも様々な種類があり、酸化染毛料以外のものも多くあります。中にはジアミン系の成分を含まない「ノンジアミン」を呼ばれるタイプの白髪染めがあります。
例としては下記の通りです。

  • カラートリートメント
  • ヘナカラー
  • ヘアマニキュア

この中でもヘナカラーは植物由来の白髪染めで天然素材のものなので最もナチュラルなものと言えます。

ただし、ここで気を付けなければいけないのが、完全天然成分ではないヘナもあるので要注意です!ケミカルヘナとは天然植物由来のヘナに、一般のヘアカラーに使用されている酸化染料されているものを言います。科学成分を使用しているので〝ケミカル“と付けられています。

また、ヘナは塗布するまでに手間がおおく、使用にはハードルが高いこともデメリットと言われています。

市販でも安心して使えるおススメの白髪染めは?

一番刺激が少なく、アレルギーの少ないものはヘアカラートリートメントが挙げられます。
無添加でジアミン不使用なだけでなく、植物由来の潤い成分が豊富に入っており、トリートメント効果もある頭皮や髪に優しい白髪染めといえます。

その中でもおすすめしたいのがlplpヘアカラートリートメントです。

LPLP

植物由来の天然染料だから髪を傷めず、ガゴメ昆布のフコイダンが髪と地肌に潤いを与えてくれます。また、ヘアカラーが染まりやすいアルカリ性の性質を持っていますが、微弱な範囲に抑えているため、髪を傷めずにしっかり染まる特徴を持っています
>>LPLPの公式サイト

まとめ

アレルギーを起こしてしまったらなかなか改善するのにも時間がかかります。
ジアミンが使用されていないかを確認すること、そしてどんな商品でも必ずパッチテストを行ってからの使用が安心です。

なかなか美容院に行けない人もいるかと思いますが、肌が敏感な方などは、ノンジアミンの製品を選んだりヘアカラートリートメントを使用するなど、負担の少ない、安心して行える方法で白髪染めを行ってください。


利尻バナー