白髪染め百花
LPLPバナー"
> > DHC白髪染めトリートメントQ10の口コミが本当か効果を試してみた!

DHC白髪染めトリートメントQ10の口コミが本当か効果を試してみた!


DHC白髪染めトリートメントQ10を購入して試してみた

年齢を重ねてしまうとどうしても気になってきてしまう白髪。
自宅で白髪染めをしようと思って調べていると、ヘアカラートリートメントが頭皮や髪に優しく使いやすいという口コミも多く、使ってみたいと思っている方も多いかと思います。

白髪染めトリートメントは年々多くのメーカーから販売されていて、実際どれが染まるのか、どれが使いやすいのかで迷っている人は多いですし、私もその1人でした。

そこで、今回は口コミでも人気のDHCから発売されている白髪染めトリートメント「DHC Q10クイックカラートリートメント」を、実際に使ってみての染まり具合や、痒みやかぶれなどの副作用が無かったかなどをレビューしたいと思います!

白髪染めトリートメントQ10とは?

白髪染めトリートメントQ10は大手メーカーDHCが開発したヘアカラートリートメントです。
一般的な白髪染めの刺激が苦手な方や、美容院に行く時間がなかなか取れない方が、手軽に白髪染めをできるように開発した商品だそうです。

もちろんその名の通り「トリートメント」なので頭皮や髪に優しく作られていて、髪のダメージ補修力やハリやコシをケアする働きもあります。
また、パラベンフリーで天然由来成分をメイン成分として配合しているので刺激が少ないことも特徴です。

注目の配合成分「コエンザイムQ10」

DHCの白髪染めトリートメントQ10に配合されている成分で特徴的なのが「コエンザイムQ10」です。
商品名の“Q10”もこの成分から取られているのだと思います。

コエンザイムQ10は抗酸化作用が高く、美容や健康食品などでも配合されることが多い成分の1つです。
活性酵素の増加を抑制して細胞の老化を予防し、発毛に必要なビタミンなどを持っていることから薄毛治療などにも利用されることもあります。

その働きもあり、白髪染めトリートメントQ10ではカラーリングによる頭皮や肌へのダメージを防ぎ、しなやかな仕上がりにしてくれるのです。
また、アレルギーなどの副作用もなく安全性の高い成分というのもポイントです。

ノンシリコン&天然アロマ100%

白髪染めトリートメントQ10は合成の香料は使用せず、天然アロマ100%にこだわっているのも特徴です。
柑橘系のオレンジやベルガモット、ハーブ系のミント・ローズマリー・ユーカリ・セージ・ローレルなどをブレンドし、市販のトリートメント剤に劣らないクオリティを追及しています。

また、髪や頭皮への負担を考えてノンシリコンで作っているところも安心して使用できる魅力の1つだと思います。

Q10のカラーの種類

Q10に限らず多くの白髪染めトリートメントにはカラーに種類がありますが、Q10に関しては以下の種類となっています。

■ブラック
■ダークブラウン
■ライトブラウン

自分の髪色に合ったものを選択することができます。
染毛力を重視したい方は、しっかり黒く染まるブラックなんかが良いと思います。

DHC白髪染めトリートメントQ10の口コミを調べてみた

実際に楽天などに投稿されている口コミの一例を紹介します。
効果に関しては個人差があるようです。

よく染まったという口コミ

トリートメントとしてはとても優秀!(出典:楽天レビュー)
ちらほらと白髪が生えてきたので抜くのも面倒だと思い、動物実験をしていないこちらを購入しました。カラーはダークブラウンです。私の髪質では3回目でやっと薄茶にキラキラする程度の色入りですが、ノンシリコントリートメントとして考えれば価格、仕上がり共に優秀です。もう少し価格が上の美容院専売品と比べても遜色ありません。爪が染まるということも全くないので、ゆるゆると使い続けてみようと思います。
40代/女性/Mさん

3日使用していたら随分目立たなくなった(出典:楽天レビュー)
ずっと美容室で月一の割で白髪染めしてました。最近どこの美容院でもカラー剤で頭皮がかゆいのでカラーやめようと挑戦しました。
以前他の商品を使用して全くダメで期待薄い反面レビュー高評価に期待しつつ3日使用したら随分目立たなくなりました。その後は2.3日に1回で使っていますが良さそうです。しばらく使ってみようと思います。
50代/女性/Pさん

ここに落ち着きました(出典:楽天レビュー)
他のブランドも試してみましたが、こちらに落ち着きました。匂いもよく大変使い勝手がいいです。黒とダークブラウンを混ぜて使用しています。洗い上がりは若干軋みを感じますが、乾かすとしっとりと良い艶が出ます。
女性/匿名さん

あまり染まらなかった、イマイチだったという口コミ

1回では染まらなかった…(出典:楽天レビュー)
香りはよく使いやすいですが、やはり毛染めとしては1回で染まりませんので、普通のカラー剤で使用して、少し気になるときにトリートメントの代わりに使用します。
50代/女性/Rさん

自分の髪質には厳しい…(出典:楽天レビュー)
染まりにくいのですが、どうしても、白髪染めをすると、自分の髪質が、痛みやすく、薄い、柔い、細い髪には厳しい。トリ一トメントタイプは、染まりにくいが、ダメ一ジが少ないぶん、気休めにしています。
ただ、目立ちにくくはなります。
女性/匿名さん

ピンポイントでは塗りにくいかも…(出典:楽天レビュー)
お風呂で染めるタイプなので、全体に使用する時はいいですが、部分的だと濡れた髪は白髪が見えにくいのでピンポイントでは塗りにくいかも…。
全体に使用すると、すぐに一本使い切るかなという感じがします。
香りは、少しきつめですが私は気にならないです。
40代/女性/Kさん

実際にDHC白髪染めトリートメントQ10を使ってみた!

DHC白髪染めトリートメントQ10
DHC白髪染めトリートメントQ10の裏面

実際にDHCの白髪染め「Q10クイックカラートリートメント」を購入して試してみました!
今回は3種類あるカラーの中で一番無難そうなダークブラウンを選択。

やっぱり口コミには良いものも悪いものもあり、あまり宛になりません!
実際に自分で使ってみなければわからないこともあるかと思います。

自宅で白髪染めトリートメントを使用する場合、浴室で使うか衣服を着たまま部屋で使うかに分かれるかと思いますが、今回は浴室で白髪染めをしてみました

同梱されていたもの

Q10クイックカラートリートメント

・白髪染めトリートメント本体
・手袋6枚(3組)
・説明書

化粧箱の中に入っていたのは上記のアイテムです。
手袋が6枚入っていましたが約3回分ということだそうです。しかし今回はお風呂場で使うため、手袋は使用しませんでした。

DHC白髪染めトリートメントQ10の説明書

説明書には使用方法や注意点やきれいに染めるポイントなどが記載されています。
写真やイラスト入りなのでとても見やすいですね!

始めて使う人にとっては染める流れや使用量などは不安なのでこうして写真やイラストがあるとわかりやすいです。

匂いやテクスチャについて

DHC白髪染めトリートメントQ10のテクスチャ

合成の香料ではなく天然由来を使っているためか匂いに関してはあまり気にならなかったです。
美容室のカラーリング剤の匂いと比べると全然キツく感じません

ただし、浴室で使用した影響なのか髪に塗るとほのかにアロマの香りが漂いました。

テクスチャもよくあるトリートメントと同じような触感で柔らかい感じです。
液だれすることもないと思います。

今回は浴室ということもあり、直接で塗っていきました。

トリートメントは白髪が気になるところにケチらずたっぷり塗る方が良いと思います。
塗料をケチってしまうと結果うまく染まらず、時間も労力の無駄になってしまう可能性が高いです。

説明書には初めて本商品を使う場合、塗ってから10分以上時間を置くと記載されているので最低でも10分は時間を空けるようにしましょう。

今回浴室で白髪染めする上でこだわったポイント

  • トリートメントを塗る事前にシャンプーする
  • シャンプー後はタオルドライでしっかり水気をとる
  • トリートメントはケチらずたっぷり塗る(頭皮にはつかないように)
  • 説明書には10分と記載があるので念のため15分置く
  • しっかり濯ぎをする
  • 自然乾燥はせずドライヤーでしっかり乾かす

整髪料などがついているとうまく染まらない場合があるとのことなので、事前シャンプーは必須かもしれません。

染まり具合のビフォーアフター

DHC白髪染めトリートメントQ10の使用前
DHC白髪染めトリートメントQ10の使用後

使う前と使った後の写真ですが、思ったよりも染まりました

元々カラーリングで茶髪にしているのですが、そのカラーリングの部分は変色せず、白髪の部分だけ染まったのは良かったポイントです。

若干染まっていない白髪も残りますが、やはり自分でトリートメントを塗るとどうしてもムラが出来てしまうため、商品の染毛力が足りないというよりは塗る技術力も多少必要かなというような印象です。
ただし、その点は自分がやり慣れてくればもっと改善されていくとも感じました。

濯ぎはしっかりしないと枕などの寝具につく場合があるとのことだったので、しっかり濯ぎましょう。
説明書には書いていませんが、心配な方はシャンプーをしても問題ないと思います。

ちなみに私は心配だったのでシャンプーを使用して洗いましたが、上記の写真のようにしっかり染まっています。

何日間くらい色落ちしない?

こちらは都度経過報告します。

頭皮の痒み・かぶれ・髪へのダメージは無かったか

特に使い終わった後に頭皮が痒くなったり、かぶれたりもしなかったです。髪へのダメージも気になりません。
そこはやはりトリートメントだからこそ、通常のカラーリング剤よりもダメージが少ないのだと思います。

また、中には濯ぎ後に髪がゴワゴワすると感じる人もいるかもしれません。
その場合は普段使用しているコンディショナーやトリートメントなどを使ってケアしてあげても問題ないです。

もっとストレスなく白髪染めをするためには?

これはQ10に限ったことではありませんが、浴室で行った場合は手が汚れます。
浴室で手袋をして塗ろうかと思ったのですが、シャンプー後の濡れた手では上手く手袋ができなかったので諦めて素手で塗りました。

なのでコツとしてはお風呂に入る前の段階から手袋をしていれば、素手でトリートメント触らずに済むと思います。

ちなみに手にトリートメントが付いても、終わってすぐに洗い流せば落ちるのでそこまで心配する必要はないです。

DHC白髪染めトリートメントQ10のメリットデメリット

メリット部分

自宅で白髪染めできることで時間とお金が節約できます

また、ブリーチなどのカラーリング剤ではなく、基本はトリートメントなので頭皮や髪への負担が少ないというのも魅力です。
むしろコエンザイムQ10の配合により髪と頭皮のエイジングケア効果も期待できます。

慣れて行けばもっとスムーズに白髪染めができるはずなので、もっと日常的なアイテムになると思います。

デメリット部分

このDHCの白髪染めに限った話ではありませんが、やはり自分の髪に塗る作業には慣れが必要だと感じました。
自分で塗る分ムラができやすいので、白髪の量が多い人にとってはなかなか上手く染められないかもしれません。

対策として家族がいる方は家族に塗ってもらうと自分で塗るよりもムラは少なくなるかと思います。

DHC白髪染めトリートメントQ10と他の商品との違い

白髪染めトリートメントの染毛力という点では利尻昆布LPLPと比較してもそこまで大差はありません。
ただし、キラリPOLAなどよりは染毛力があります。

価格は利尻昆布やLPLPが約3000円に対してDHCのQ10は約2500円で購入できるため、コスパは良いと言えます。

どういう人にDHC白髪染めトリートメントQ10はおすすめか

  • おすすめ度は★★★☆☆
  • 白髪は染めたいが髪や頭皮へのダメージを心配している人
  • 黒髪よりも白髪の量の方がまだ少ない人
  • 次の美容室に行くまでに白髪が気になってしまう人
  • 美容室で白髪染めをするほどでもないけど、少し白髪があって気になる人

こんな人はDHC白髪染めトリートメントQ10を使ってみるといいかもしれません。

白髪があると見た目年齢もグッと高く見えてしまうため、美を大事にする方は白髪ケアをしっかり行っていきましょう!

Q10クイックカラートリートメントの公式サイトへ

利尻バナー